グローバルナビゲーションをとばして本文へ
ここからが本文です。

すでにJ-WEST IDをお持ちの50歳以上の方は「会員ログイン」してください。

特集

特集 北陸新幹線で初夏の旅へ 爽快!上信越の高原リゾート

自然の美や香りが心身をリフレッシュ

苗名滝/妙高高原(イメージ)

苗名滝/妙高高原(イメージ)

日本有数の高原リゾート地、妙高高原

 さえわたる青空に光きらめく鮮やかな緑。爽やかな木々の香りを含んだ風。五感をくすぐる清涼感など、上信越方面には魅力的な高原リゾートがある。
 なかでも有名なのが、新潟県の南西部に位置する妙高高原。妙高山の裾野に広がるなだらかな高原で、壮大な自然美を有するスポットが点在する。グリーンシーズンで人気なのがハイキング。妙高山の秀麗な眺めが楽しめるいもり池などを巡るコースがおすすめだ。
 そんな見どころ豊富な妙高高原で特に圧巻なのが、長野県との県境にある苗名滝(なえなたき)。落差約55メートルを誇る名瀑(めいばく)で、日本の滝百選のひとつに数えられている。落水による地響きのすさまじさから“地震滝”の別名もあり、荒々しい岩壁を背にごう音を立てて流れ落ちる様は、見る者を圧倒する迫力で満ちている。

鏡池/戸隠高原(イメージ)

鏡池/戸隠高原(イメージ)

神秘の里、戸隠高原の静かな美しさ

 長野県の北西部にそびえる戸隠山の麓、戸隠高原もまた見どころ満載。かつて修験道の聖地として栄えた場所で、二千年余りという長い歴史を持つ戸隠神社の境内や周囲を歩く古道ウォークでは、手つかずの自然と神秘的な雰囲気を堪能することができる。
 かれんな花々が咲き集う戸隠森林植物園や、凛とした美しさをたたえる鏡池も見事。鏡池は戸隠きっての景勝地で、急峻な戸隠山と穏やかな湖面が描くコントラストは絶妙。陽光にきらめく湖面を見つめていると、まるで体の奥まで晴れわたっていくかのようだ。また、野鳥の宝庫としても知られ、バードウォッチングのスポットとしても人気があるのだとか。

志賀高原、蓼科、須坂、万座温泉で味わう爽快感

 志賀草津高原ルート(志賀草津道路)などで絶景ドライブを満喫できる志賀高原もぜひ訪れたい。長野県の北東部に広がる高原で、雄大な山や木々茂る森が創り出す風景は変化に富み、時を忘れて眺めていたくなるほど素晴らしい。
 また、長野県の中央部にいくつもの高原や湖が点在する蓼科(たてしな)は、爽快感あふれる美景が見もの。ビーナスラインをドライブすれば、高原の緑と高山植物が描く涼やかな風景を余すことなく楽しむことができる。
 そして、長野県北東部に位置する歴史の町・須坂(すざか)。江戸時代には須坂藩主の館町として、明治から昭和(初期)には製糸業で隆盛を極め、今も当時に建てられた蔵が数多く残る。郊外にある豊かな自然も見どころのひとつで、その筆頭に挙げられるのが米子大瀑布。不動滝(女滝)と権現滝(男滝)のふたつの滝から成り、静かで険しい谷あいに水音をとどろかせる様は秘境と呼ぶにふさわしい光景だ。
 さらに、群馬県にある万座温泉もおすすめ。高所にあるため、湯とともに高原の絶景を楽しむことができる。
 北陸新幹線の開業で、よりアクセスが便利となった上信越方面の高原で、贅沢(ぜいたく)な時間を過ごしてみてはいかがだろうか。

  • 志賀草津道路/志賀高原(イメージ)

    志賀草津高原ルート(志賀草津道路)
    志賀高原(イメージ)

  • ビーナスライン/蓼科(イメージ)写真提供:信州・長野県観光協会

    ビーナスライン/蓼科(イメージ)
    写真提供:信州・長野県観光協会

  • 米子大瀑布/須坂(イメージ)

    米子大瀑布/須坂(イメージ)

  • 自然の息吹を間近で体感 志賀高原-しがこうげん-
  • 華やかな絶景に酔いしれる 蓼科-たてしな-
  • メルマガ紹介
  • おとなび簡単ガイド
  • 100万人突破キャンペーン
  • CM撮影風景