グローバルナビゲーションをとばして本文へ
ここからが本文です。

すでにJ-WEST IDをお持ちの50歳以上の方は「会員ログイン」してください。

特集

九州の美味

美味満載の九州グルメ旅

丸々と肥え太った関あじ(イメージ)

丸々と肥え太った関あじ(イメージ)

海峡が育む独特のうま味、関あじ

 関あじは全国に名の知れた大分のブランド魚。大分県東部に位置する佐賀関(さがのせき)の沖合いで取れるアジのことで、大きめの体が特徴だ。
 漁場となる佐賀関沖は“速吸瀬戸”(はやすいのせと)と呼ばれ、潮流が速いことで有名。これは、瀬戸内海と関門海峡、豊後水道からの3つの潮流が、約13キロ幅という狭い海峡でぶつかり合うためだ。この荒海でもまれた関あじの身は程よく引き締まり、極上の歯ごたえを生み出す。
 また、この海域はアジの餌となるプランクトンが豊富。さらに、海底の地形が変化に富み、水温の変化も少ない。通常、アジは群れを作り海を移動する回遊魚だが、関あじはこうした環境から根付き魚(ねつきうお)となり、餌をたっぷり食べて育つ。そして丸々と太り、その身にほのかな甘みと確かなうま味を宿すのだという。

熟練の技が支える抜群の鮮度

 速吸瀬戸という、天然の良漁場が育んだ宝ともいえる関あじ。しかし、そのブランドを冠することができるのは、この漁場で地元の漁師が一本釣りで釣り上げたもののみ。その理由は味の良さにある。
 潮流の激しさから漁網を使った漁が適さないという理由もあるが、アジはもともと傷みやすい魚。傷が付いたり大きなストレスを与えたりしてしまうと味が落ちてしまう。その点、一本釣りでは一匹ずつ大事に釣り上げることで魚にかかる負担を極力抑えることができるため、味の良い新鮮な状態を保つことができるというわけである。
 実は、こうした関あじの鮮度を生む一本釣り自体が熟練の技だ。3つの潮流がぶつかる特殊な海域のため激しく揺れ動く船上での漁は、ベテランの漁師でも命がけだという。釣り糸の先に擬似餌(ぎじえ)かゴカイを付け、海にたらす。釣った魚は、活間(いけま/船内のいけす)に入れられ、港へ運ばれる。傷もなく美しいツヤを放つ関あじは、まさに新鮮そのものだ。

潮の流れが速い速吸瀬戸では、船の揺れも桁違い(イメージ)

潮の流れが速い速吸瀬戸では、船の揺れも桁違い(イメージ)

関あじは一本釣りによって、一匹ずつ丁寧に釣り上げる(イメージ)

関あじは一本釣りによって、一匹ずつ丁寧に釣り上げる(イメージ)

  • 関あじ-せきあじ-の鮮度の秘密
  • 或る列車-あるれっしゃ-

  • メルマガ紹介
  • おとなび簡単ガイド
  • 100万人突破キャンペーン
  • CM撮影風景