グローバルナビゲーションをとばして本文へ
ここからが本文です。

すでにJ-WEST IDをお持ちの50歳以上の方は「会員ログイン」してください。

特集

  • 加賀の風習 花嫁のれん
  • 観光列車 花嫁のれん-かんこうれっしゃ はなよめのれん-
  • のと里山里海号-さとやまさとうみごう-

ひと足延ばして能登半島へ

車窓に広がる懐かしい景色

 全長約33キロ。のと鉄道七尾線は世界農業遺産に登録された能登の里山里海(さとやまさとうみ)のなかを快走している。この道中をのんびり楽しむために今春誕生したのが「のと里山里海号」だ。約70分かけて運行する当列車は、能登の魅力を堪能するのにもってこい。景色のよいところでは一時停止や徐行が行われ、ゆっくりと車窓から風景を楽しめる。
 「車窓からの風景には、能登らしいぬくもりや懐かしさ、そして能登の自然の豊かさが感じられます。内装にあしらわれた能登の天然素材や伝統工芸品からは、匠の技と心を実感してください」と話すのは、のと鉄道アテンダントの宮下左文(みやしたさふみ)さん。列車には、能登で育まれた人々の暮らしが詰まっていると語ってくれた。

  • 里山号内装(イメージ)
  • 里海号内装(イメージ

誌面では語りきれなかった「のと里山里海号」の魅力をご紹介!

スイーツプラン(イメージ)

スイーツプラン

 スイーツプランは、石川県の親善大使、そしてNHK連続テレビ小説「まれ」の製菓監修を務める辻口博啓氏がプロデュース。能登の素材を使ったスイーツを、温かい珈琲とともに楽しめる。
【料金】3,000円(乗車運賃を含む)

ほろ酔いプラン

 土曜のみ利用できるこのコースでは、日本四大杜氏に数えられる能登杜氏が造った美味しい地酒が提供される。能登ワインや地ビールも用意されており、酒処・能登の魅力を存分に味わうことができる。
【料金】3,500円(乗車運賃を含む)

ボラ待ちやぐら(イメージ)

ボラ待ちやぐら(イメージ)
写真提供:石川県観光連盟

風景を肴に乾杯

 移り変わる風景が、最高の酒の肴になることは間違いない。穴水駅を出発して間もなく見えるボラ待ちやぐらは、のと鉄道アテンダント・宮下さんおすすめのビューポイント。そのほか高台から見下ろす深浦漁港や七尾湾に広がるカキ棚など、車窓から望む風景は四季折々、また刻一刻とその表情を変えていく。のと里山里海号では、飽きることのない七尾北湾の魅力を存分に堪能することができるだろう。

  • 加賀の風習 花嫁のれん
  • 観光列車 花嫁のれん-かんこうれっしゃ はなよめのれん-
  • のと里山里海号-さとやまさとうみごう-

  • メルマガ紹介
  • おとなび簡単ガイド
  • 100万人突破キャンペーン
  • おとなびダイニング