グローバルナビゲーションをとばして本文へ
ここからが本文です。

すでにJ-WEST IDをお持ちの50歳以上の方は「会員ログイン」してください。

特集

  • 世紀を超えて甦った庭園-せいきをこえてよみがえったていえん-
  • 継承される加賀の美-けいしょうされるかがのび-
  • 文豪の記憶を宿す町-ぶんごうのきおくをやどすまち-

金沢で幼少時代を過ごした 泉鏡花の足跡を訪ねて 文豪の記憶を宿す町

文豪とゆかりの深い場所が点在

金沢三文豪のひとり・泉鏡花

 室生犀星、徳田秋聲、泉鏡花。金沢が生んだ3人の文豪の足跡を訪ねるのも、旅の愉しみのひとつ。主計町茶屋街の近くにある「泉鏡花記念館」では、久保市乙剣宮のはす向かいの家で生まれ、この界隈でよく遊んでいたという鏡花の生涯に触れられる。ゆかりの品、作品世界を再現したジオラマなどを鑑賞すれば、耽美派と呼ばれた鏡花の独特の美意識を感じられる。
 また、同じく主計町茶屋街に近い「朗読小屋 浅野川倶楽部」では、金沢三文豪の作品を、市民の方々による朗読を聴くことができる。深く読み込まれた、表現力豊かな語り口は、作品の魅力をさらに引き立ててくれる。
泉鏡花記念館についてはこちら
朗読小屋 浅野川倶楽部についてはこちら

泉鏡花の生涯や独特の美意識に触れることができる「泉鏡花記念館」

泉鏡花の生涯や独特の美意識に触れることができる
「泉鏡花記念館」

主計町茶屋街の近くに佇む「朗読小屋 浅野川倶楽部」

主計町茶屋街の近くに佇む「朗読小屋 浅野川倶楽部」

  • 世紀を超えて甦った庭園-せいきをこえてよみがえったていえん-
  • 継承される加賀の美-けいしょうされるかがのび-
  • 文豪の記憶を宿す町-ぶんごうのきおくをやどすまち-

  • メルマガ紹介
  • おとなび簡単ガイド
  • 100万人突破キャンペーン
  • おとなびダイニング