グローバルナビゲーションをとばして本文へ
ここからが本文です。

すでにJ-WEST IDをお持ちの50歳以上の方は「会員ログイン」してください。

特集

  • 豊潤の日本海 北陸の冬の馳走〜富山・石川・福井〜
  • 魚介の旨味と相まった「いしり鍋」
  • 上品な甘さが美味しい「若狭がれい」

上品な甘さが美味しい「若狭がれい」

御食国の海がくれた贈りもの

若狭がれい(イメージ)

若狭がれい(イメージ)

皇室や貴族も愛した「雲上の珍美」

 古来より塩や海産物といった食物を朝廷に納め、「御食国(みけつくに)」と呼ばれた福井県・若狭。この地に水揚げされる「若狭がれい」の干物は、数ある干物の中でも絶品とされ、全国各地の名産を集めた江戸時代の書物でも「雲上の珍美」とうたわれたという。今でも晩秋になると、魚屋などの軒先には若狭がれいがずらりと並び、港町の冬の風物詩となっている。
 透き通るような身はしっとりと柔らかく、軽くあぶって食べると、かむほどに旨味が口いっぱいに広がる。毎年、皇室に献上されているというのも納得の絶品だ。
 また、美味しいだけでなく姿もいいので、お歳暮など贈答用としてもうってつけだ。お世話になっている人に、しばらく会っていない人に贈ってみるのもいいだろう。

  • 豊潤の日本海 北陸の冬の馳走〜富山・石川・福井〜
  • 魚介の旨味と相まった「いしり鍋」
  • 上品な甘さが美味しい「若狭がれい」

  • メルマガ紹介
  • おとなび簡単ガイド
  • 100万人突破キャンペーン
  • おとなびダイニング