グローバルナビゲーションをとばして本文へ
ここからが本文です。

すでにJ-WEST IDをお持ちの50歳以上の方は「会員ログイン」してください。

特集

  • 豊潤の日本海 北陸の冬の馳走〜富山・石川・福井〜
  • 魚介の旨味と相まった「いしり鍋」
  • 上品な甘さが美味しい「若狭がれい」

魚介の旨味と相まった「いしり鍋」 ボラ待ちやぐらの向こうに見える立山連峰 写真提供:石川県観光連盟

湯気とともに能登の伝統薫る名物料理

伝統調味料「いしり」の香ばしさ

 石川の冬の味覚といえば甘エビなどの魚介が有名だが、能登地方へ足を向けるなら「いしり鍋」も見逃せない。イワシやイカの内臓を塩漬けにして発酵させ、その汁を煮詰めた能登特産の調味料である魚醤「いしり」(地域によって呼び名が異なり、「いしる」「よしる」ともいう)を使った料理のひとつ。
 大きなホタテ貝に「いしり」のだしを張り、それを鍋に見立てて白菜や大根、ねぎや豆腐、そしてイカやかわはぎといった白身の魚介を煮立てていく。しばらくすると、湯気とともに「いしり」の香ばしい匂いが立ちのぼり、なんとも食欲をそそってくれる。寒さの厳しい冬にこそ味わいたい北陸の味覚だ。

いしり鍋(イメージ)

いしり鍋(イメージ)

  • 豊潤の日本海 北陸の冬の馳走〜富山・石川・福井〜
  • 魚介の旨味と相まった「いしり鍋」
  • 上品な甘さが美味しい「若狭がれい」

  • メルマガ紹介
  • おとなび簡単ガイド
  • 100万人突破キャンペーン
  • おとなびダイニング