グローバルナビゲーションをとばして本文へ
ここからが本文です。

すでにJ-WEST IDをお持ちの50歳以上の方は「会員ログイン」してください。

特集

  • 京の食と禅寺の美を訪ねて
  • 非公開文化財特別公開 相国寺 法堂・方丈
  • 非公開文化財特別公開 建仁寺 開山堂

非公開文化財特別公開 相国寺 法堂・方丈

禅宗文化を代表する名刹

相国寺 法堂:天井画「蟠龍図」

相国寺 法堂:天井画「蟠龍図」

内部に広がる禅宗の世界観を堪能

 明徳3年(1392)に足利義満が創建を発願し、禅道場として栄えた相国寺。京都の市街地に広い寺域を持つこの寺では、法堂(はっとう)・方丈が公開される。慶長10年(1605)に豊臣秀頼が再建した法堂は、国内現存最古の法堂建築。天井に描かれた「蟠龍図(ばんりゅうず)」は狩野永徳の子・光信の作品で、堂内で手を打つと反響音が龍の鳴き声に聞こえることから通称「鳴き龍」として有名である。
 瓦葺き屋根が印象的な方丈は、原在中(はらざいちゅう)筆の障壁画や美しい庭園が見どころ。庭園は深山幽谷を思わせる枯山水庭園と白砂の平庭の2つがあり、どちらも街なかにありながらゆっくりとした時が流れる名庭だ。広い境内で、禅宗の世界をゆっくり味わいたい。

相国寺 方丈:原在中筆「中国普陀落山図」

相国寺 方丈:原在中筆「中国普陀落山図」

相国寺 方丈:枯山水庭園

相国寺 方丈:枯山水庭園

  • 京の食と禅寺の美を訪ねて
  • 非公開文化財特別公開 相国寺 法堂・方丈
  • 非公開文化財特別公開 建仁寺 開山堂
  • メルマガ紹介
  • おとなび簡単ガイド
  • 100万人突破キャンペーン
  • CM撮影風景