グローバルナビゲーションをとばして本文へ
ここからが本文です。

すでにJ-WEST IDをお持ちの50歳以上の方は「会員ログイン」してください。

特集

  • 鹿児島 仙巌園 秘めやかなる「姫の間」へ
  • 仙巌園が育む美しき文化
  • 世界遺産の地としての魅力

世界遺産の地としての魅力 尚古集成館本館内に展示されている反射炉の模型

受け継がれる近代化の証

園内に今も残る近代化の軌跡

 日本の近代化が大きく推し進められたのは明治以降のことだが、それよりもいち早く国内で近代化に取り組んだのが薩摩藩である。当時の藩主は島津斉彬で、近代化のためには軍事と産業の育成を進める富国強兵が不可欠と考えた斉彬は、現在の仙巌園の隣に工場群の「集成館」を建造。その主な史跡として挙げられるのが、世界遺産に登録されている旧集成館反射炉跡と旧集成館機械工場(尚古集成館本館・しょうこしゅうせいかんほんかん)である。
 反射炉とは大砲を造るために鉄を溶かす炉のことで、完成までには試行錯誤を何度も繰り返したのだとか。機械工場として用いられた尚古集成館本館は現在、博物館として使用。重厚な石造りの館内では、島津斉彬の偉業や島津家の歴史などについて学ぶことができる。

尚古集成館本館(旧集成館機械工場)/旧集成館反射炉跡

尚古集成館本館(別)

尚古集成館本館(別)

旧集成館反射炉跡 写真協力:公益社団法人 鹿児島県観光連盟

旧集成館反射炉跡

  • 鹿児島 仙巌園 秘めやかなる「姫の間」へ
  • 仙巌園が育む美しき文化
  • 世界遺産の地としての魅力

  • メルマガ紹介
  • おとなび簡単ガイド
  • 100万人突破キャンペーン
  • CM撮影風景