グローバルナビゲーションをとばして本文へ
ここからが本文です。

すでにJ-WEST IDをお持ちの50歳以上の方は「会員ログイン」してください。

特集

  • 宮島と呉を訪ねる
  • 宮島は、そぞろ歩きも楽しい
  • 日招き伝説が残る町、呉

日招き伝説が残る町、呉

清盛は太陽の動きをも操った!?

音戸の瀬戸を開削した清盛

  呉、瀬戸内海を見下ろす音戸の瀬戸公園頂上に、空に扇を向けて立つ平清盛像がある。これはこの地に残る「日招き伝説」にちなむもの。
 嚴島神社の造営で瀬戸内海をよく行き来していた清盛は、宮島に行くのに最も効率的なルートとして、幅が狭く潮の流れが急であった音戸の瀬戸の開削を行っていた。しかし、完工予定日の日没になっても開削工事が終わらない。そこで、清盛は扇で太陽を招き返し、日を延ばすことで工事を完成させたという。
 難事業をやり遂げた清盛。音戸の瀬戸には、清盛をたたえた清盛塚も建立されている。

日招像

日招像

日招像
  • 宮島と呉を訪ねる
  • 宮島は、そぞろ歩きも楽しい
  • 日招き伝説が残る町、呉

  • メルマガ紹介
  • おとなび簡単ガイド
  • 100万人突破キャンペーン
  • おとなびダイニング