ここからが本文です。

すでにJ-WEST IDをお持ちの50歳以上の方は「会員ログイン」してください。

特集

小さな町の風物詩の季節到来 おわら風の盆 初秋の宵、ぼんぼりの灯がともる伝統的な町並みに、三味線や胡弓の調べが鳴り響き、優美な踊りが練り歩く越中八尾の“おわら風の盆”。磨きあげた芸に宿る伝統を心ゆくまで堪能しよう。おわら風の盆 写真提供:(公社)富山県観光連盟

「おわら風の盆」に過ぎゆく夏を思う

おわらが魅せる“粋”と“艶”

 盛夏を過ぎ、夜風も心地よくなる9月1〜3日、富山市郊外の小さな町・八尾が、三日三晩にわたり熱気に包まれる。立春から210日の風をおさめて五穀豊穣を祈願する「風の盆」と、八尾の歴史が育んできた「越中おわら節」が結びついた伝統行事・おわら風の盆の時期になると、住人およそ2500人の八尾地区に、全国から3日間で20万人を超える観衆が集まり、北陸屈指の秋祭りのひとつとなっている。
 おわらの起源は、今からおよそ300年前にさかのぼる。財力豊かな旦那衆たちが芸能・文化に精通していたことが、おわらを発展させる背景となった。明治までは俗謡的な面もあったというおわら節だが、大正から昭和の初めにかけ、越中民謡おわら保存会初代会長・川崎順二が、おわらを芸術の域にまで高める運動を展開。小杉放庵など一流の文人を招いて歌詞を見直し、日舞の舞踊家・若柳吉三郎(初代)に振り付けを依頼するなどの変革を経て、情緒豊かで気品ある唄と踊りへと昇華した。その伝統を11の町内が受け継ぎ、日夜芸を伝承し磨き続けている。 
 今年もまた、石畳の坂道にどこか哀調を帯びた三味線や胡弓の音色が響き、独特の節回しの唄に乗せ、男女の踊り手たちが優雅に舞うおわらの季節がやってくる。おわら情緒につつまれながら過ぎゆく夏に思いを馳せたい。

おわら風の盆 写真提供:(公社)富山県観光連盟

おわら風の盆

おわら風の盆 男踊り 写真提供:越中八尾観光協会

おわら風の盆 男踊り

八尾の町並み 写真提供:(公社)富山県観光連盟

八尾の町並み

平成28年 おわら風の盆 概要

おわら風の盆 前夜祭
 8月20日(土)〜30日(火)

・輪踊りと町流し
 場所/各町内(20:00〜22:00)
 毎晩1町内が各町の踊り場にて輪踊りや町流しを披露

・おわらステージ
 場所/ 越中八尾観光会館(18:30〜19:50)※有料
 映像の上映や踊り方の解説、舞台での
 「おわら踊り鑑賞」など。

おわら風の盆
 9月1日(木)〜3日(土)

・演舞会
 場所/ 市立八尾小学校グラウンド
 (1日…19:00〜21:00、2日…19:00〜21:25)
 ※有料 ※荒天により中止となる場合あり

・輪踊り・町流し
 場所/各町内が定めたコース
 (1日と2日…15:00〜23:00 
 ※17:00〜19:00は休憩、
 3日…19:00〜23:00)
 ※降雨時中断

  • 夜空に響く越中おわら節
  • 一年を通して稽古に励む

  • メルマガ紹介
  • おとなび簡単ガイド
  • 2周年記念ページ
  • CM撮影風景