グローバルナビゲーションをとばして本文へ
ここからが本文です。

すでにJ-WEST IDをお持ちの50歳以上の方は「会員ログイン」してください。

特集

  • 邪馬台国 〜古代歴史ロマンの謎に迫る〜
  • 女王の華やかな副葬品
  • 古墳は卑弥呼の墓?

女王の華やかな副葬品 平原遺跡 写真提供:伊都国歴史博物館

女王・卑弥呼に通じる巫女王の存在

 福岡県、佐賀県を中心とした北部九州を有力候補地とする九州説。朝鮮半島との交易や当時のクニの記述との一致など、注目すべき点は多いが、巫女(みこ)王の存在も裏付けの理由として挙げられる。弥生時代中期以降、男性の王とともに社会的地位を持つ女性の巫女王が出現したとみられ、その様子が、北部九州で発見された墓の副葬品などにうかがえるからだ。
 そのひとつが、現在の福岡県糸島市にある平原遺跡。この地は魏志倭人伝≠ノ記述のある伊都国(いとこく)≠ニ推測されており、周辺からは、ほかにも王墓とされる遺跡がみつかっている。
 女性が被葬者とみられる平原遺跡では、直径46.5センチ、重さ8キロもある日本最大級の内行花文鏡(ないこうかもんきょう)5枚を含む、40枚の銅鏡が一度に出土したほか、色鮮やかなガラス製の勾玉(まがたま)やメノウ製の菅玉なども発見された。これらは、ネックレスやブレスレットといった装身具だとされ、身分の高い女性の当時の装いを思わせる。
 女王・卑弥呼に通じる巫女王の存在。華やかな副葬品の数々にも注目してみたい。

国(文化庁保管) 写真提供:伊都国歴史博物館

国宝平原遺跡出土内行花文鏡(10号鏡)

国(文化庁保管) 写真提供:伊都国歴史博物館

国宝平原遺跡出土ガラス製勾玉

  • 邪馬台国 〜古代歴史ロマンの謎に迫る〜
  • 女王の華やかな副葬品
  • 古墳は卑弥呼の墓?

  • メルマガ紹介
  • おとなび簡単ガイド
  • 100万人突破キャンペーン
  • CM撮影風景