グローバルナビゲーションをとばして本文へ
ここからが本文です。

すでにJ-WEST IDをお持ちの50歳以上の方は「会員ログイン」してください。

特集

  • 邪馬台国 〜古代歴史ロマンの謎に迫る〜
  • 女王の華やかな副葬品
  • 古墳は卑弥呼の墓?

古墳は卑弥呼の墓?

古代日本を知る上で有力な手掛かりを持つ遺跡群

 畿内説の有力候補地とされる奈良県桜井市の纏向遺跡は、三輪山のふもとに広がる大規模な遺跡だ。卑弥呼が活躍した弥生時代末期から古墳時代前期の遺跡群とされ、出土した土器の製作地は関東から九州まで広範囲にわたる。そのため、各地のリーダーなどが集まる交流センターのような場所だったと考えられている。
 遺跡からみつかった3つの方形の建物は、東西に中軸線をそろえて建てられ、周辺からは祭祀(さいし)に使用されたと思われる遺物が発見されているのも興味深い。卑弥呼の宮殿、あるいは祭祀を行う場所だったのではないかという考えも、不思議ではないだろう。
 さらに注目したいのが、纏向遺跡内の箸墓(はしはか)古墳だ。3世紀半ばにつくられたとされる前方後円墳で、宮内庁は倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)の墓としているが、一説には邪馬台国の女王・卑弥呼の墓という見方もある。
 当時、人口も多く、倭国の中心であった可能性の高い畿内。これらの遺跡群は、古代日本を知る上で有力な手掛かりを持つといえるだろう。

箸墓古墳

卑弥呼の墓という説もある箸墓古墳

  • 邪馬台国 〜古代歴史ロマンの謎に迫る〜
  • 女王の華やかな副葬品
  • 古墳は卑弥呼の墓?

  • メルマガ紹介
  • おとなび簡単ガイド
  • 100万人突破キャンペーン
  • CM撮影風景