ここからが本文です。

すでにJ-WEST IDをお持ちの50歳以上の方は「会員ログイン」してください。

特集

冬の味覚の王者、ズワイガニの解禁日が、今年もやってくる。同じズワイガニといえども、その味わい方は地方によって実に多様だ。今年はどんな味に出合えるだろうか。

カニの食べ比べ旅行もまた一興

地域色豊かなズワイガニの味わい方

 冬の味覚の王様といわれるズワイガニ。11月の解禁日を待ちわびる人も多いはずである。しかし、一口にズワイガニといっても、漁港によって呼び名や味の特徴、その味わい方はさまざまだ。甲羅が硬く身が詰まったズワイガニの雄は各漁港で呼び名がつけられ、ブランドガニとして重宝されている。
 京都北部の名物・間人ガニ、城崎温泉で供される松葉ガニなど、ブランドガニは数多く存在するが、なかでも島根県・隠岐の島周辺で漁獲されるカニは、隠岐松葉ガニと呼ばれている。このカニの最大の特徴は、濃厚かつほろ甘いカニ味噌。全国的にもまれな「かご漁法」が採用されているため、底引き網と比べて捕獲の際に甲羅の中に砂が混じりにくく、カニ味噌の味が損なわれないのである。
 おいしいカニの食べ方を知りたい方には、「かにソムリエのまち」として名高い浜坂への旅をおすすめしたい。浜坂は兵庫県と鳥取県の県境に位置する、知る人ぞ知るカニの名産地。そんな浜坂のカニを多くの人に発信するため誕生したのが、浜坂観光協会が認定するかにソムリエだ。カニの知識、目利き、調理法など、多方面に精通したソムリエが、旬のカニを楽しむ最善の方法を提案してくれる。

香箱ガニを使用したさまざまな料理(イメージ)
写真提供:宇奈月温泉 延楽

浜坂ではカニの専門家・かにソムリエが待っている

ズワイガニの雌をご当地グルメで満喫

 雌のズワイガニも、独特の魅力を備え注目を集めている。雄に比べて体が小さく安価であるが、濃厚なうま味を持ち、とくに体の外にある外子(卵)、そしておなかの中にある内子(未成熟卵)が人気を誇る。
 地方によって愛称が異なるが、北陸地方では香箱ガニの名で有名で、地元では焼きや蒸しのほか、酢の物など、さまざまな調理法で楽しまれている。 特に石川県で特徴的な調理法が、金澤おでんの具「カニ面」。とれたての香箱ガニの甲羅いっぱいに身や内子、味噌を詰め込み、しっかり出汁を染み込ませたカニ面は、人口に対するおでん屋の軒数が日本一多いといわれる、石川県ならではの味わい方である。
 また、福井県ではズワイガニの雌をセイコガニと呼ぶ。越前町で有名なご当地グルメが、ふるさとの宿 こばせの名物、開高丼だ。福井県産のコシヒカリに、越前で水揚げされたセイコガニの身、内子、外子、カニ味噌がこれでもかと散りばめられた丼はまるで宝石箱。芥川賞受賞作家・開高健が愛したことからこの名がついたのだという。
 雌のズワイガニは禁漁期間が長く、 解禁日から年末頃までと旬の期間は短い。ぜひこの機会に、多彩なカニの味わい方を楽しんでみてはいかがだろうか。

金澤おでんのカニ面(イメージ)
写真提供:金澤おでん 赤玉本店

ふるさとの宿 こばせ その他お問い合わせ先
  • カニ刺しを食べるなら鮮度抜群の間人ガニ
  • 冬の城崎温泉で松葉ガニのかに鍋

おとなび会員向け おすすめ旅行プラン

  • 〜丹後間人温泉「昭恋館よ志のや」に泊まる〜 "幻のカニ"間人ガニのフルコースを味わう旅
  • メルマガ紹介
  • おとなび簡単ガイド
  • 2周年記念ページ
  • CM撮影風景