グローバルナビゲーションをとばして本文へ
ここからが本文です。

すでにJ-WEST IDをお持ちの50歳以上の方は「会員ログイン」してください。

特集

  • 北陸最大級の炎の祭典 川北まつり
  • 受け継がれてきた伝統行事をリミックス
  • 美しい自然に味覚…、魅力あふれる川北町
美しい自然に味覚…、魅力あふれる川北町 日帰り温泉や地ビールも人気

 風光明媚な川北町には俳人・松尾芭蕉が訪れている。

あかあかと日は難面(つれなく)も秋の風 松尾芭蕉

 芭蕉は『奥の細道』の加賀路行脚の途中で同町に立ち寄った際、この一句を残して木呂場(ころば)から対岸の粟生宿へ歩を進めたという。当時、木呂場には手取川の渡し場があった。明治天皇休憩所の史跡が残る公園内に句碑が立つ。
 また、川北町は効能豊かな温泉も恵まれ、日帰りで気軽に楽しめる。「川北町ふれあい健康センター 川北温泉 ふれあいの湯」は無色透明の“しょっぱい湯”が自慢。そして、隣の産直物産館には特産品がズラリとそろう。
 有名ないちじくの出荷時期は8月下旬から。この季節のお土産には無添加で低カロリーないちじくジャムがおすすめ。そして、白山の伏流水を使った話題の地ビールも見逃せない。地元産の大麦を100パーセント使い、副原料には川北町で収穫されたコシヒカリを使った「金沢百万石BEER コシヒカリエール」など、限定品も発売。ブルワリーレストランもあるので、米どころならではのオリジナルビールをぜひ堪能したい。

川北町の名産・いちじく

川北町の名産・いちじく

地元で栽培される麦と、白山の伏流水にこだわった地ビールの数々

地元で栽培される麦と、白山の伏流水にこだわった地ビールの数々

川北町ふれあい健康センター 川北温泉 ふれあいの湯【住所】石川県能美郡川北町字壱ツ屋100番地【電話】076-277-1110【営業時間】10:00〜22:00(最終受付は〜21:00)【定休日】火曜日(祝日の場合は翌日)、12月26日〜1月1日【利用料金】200円【交通アクセス】美川駅から車で10分

http://www.town.kawakita.ishikawa.jp/seikatsu2/fureai.html(川北町ふれあい健康センター)

わくわく手づくりファーム 川北産直物産館【住所】石川県能美郡川北町字壱ツ屋183-3番地【電話】076-277-8989【営業時間】産直物産館9:00〜18:00・わくわくブルワリー ラ・プルーズ11:30〜14:00(オーダーストップ)、17:00〜20:00 (オーダーストップ)【定休日】火曜日(祝日の場合は翌日)、12月26日〜1月1日【交通アクセス】美川駅から車で10分

http://wkwkfarm.com/(わくわく手作りファーム川北)

  • 北陸最大級の炎の祭典 川北まつり
  • 受け継がれてきた伝統行事をリミックス
  • 美しい自然に味覚…、魅力あふれる川北町

  • メルマガ紹介
  • おとなび簡単ガイド
  • 100万人突破キャンペーン
  • CM撮影風景