グローバルナビゲーションをとばして本文へ
ここからが本文です。

すでにJ-WEST IDをお持ちの50歳以上の方は「会員ログイン」してください。

特集

  • 最新技術と懐かしさを併せ持つ! SL「やまぐち」号で郷愁の旅へ
  • 『津和野百景図』を手引きに津和野を歩く
  • 約1000本の鳥居を抜け、太皷谷稲成神社へ

約1000本の鳥居を抜け、太皷谷稲成神社へ

山陰の小京都と呼ばれる町並みを一望

 津和野の旧城下町から、かつて津和野城がそびえていた城山を仰ぐと、朱塗りの鳥居の連なりが見える。日本五大稲荷にひとつに数えられる太皷谷稲成神社(たいこだにいなりじんじゃ)へと続く参道だ。この神社が創建されたのは、1773年(安永2)。津和野藩七代藩主・亀井矩貞(のりさだ)が、城の鎮護と領民の安穏を願い、京都の伏見稲荷大社に勧請したものだという。「稲荷」ではなく「稲成」と表記するのは全国でも珍しく、願いを成就してほしいという祈りが込められているといわれている。約1000本の鳥居をくぐって境内に至ると、迎えてくれるのは高台ならではのすがすがしい空気。また、表参道からは、山陰の小京都と呼ばれる津和野の町並みが一望できる。

約1000本もの朱塗りの鳥居が連なる

太皷谷稲成神社
  • 島根県鹿足郡津和野町後田409
  • 0856-72-0219
  • 津和野駅から徒歩約30分または車で約10分
  • 最新技術と懐かしさを併せ持つ! SL「やまぐち」号で郷愁の旅へ
  • 『津和野百景図』を手引きに津和野を歩く
  • 約1000本の鳥居を抜け、太皷谷稲成神社へ

  • メルマガ紹介
  • おとなび簡単ガイド
  • 100万人突破キャンペーン
  • おとなびダイニング