グローバルナビゲーションをとばして本文へ
ここからが本文です。

すでにJ-WEST IDをお持ちの50歳以上の方は「会員ログイン」してください。

特集

  • 祝!世界遺産登録 いま知りたい、宗像大社のこと
  • 沖津宮を拝むことができる大島(沖津宮遙拝所)
  • 全国に鎮座する宗像神社の総本宮 宗像大社辺津宮(へつみや)

沖津宮を拝むことができる大島(沖津宮遙拝所)

禁忌により立ち入れない「神宿る島」を拝する拝殿

 「神宿る島」沖ノ島(沖津宮)は、数々の厳しい禁忌により原則上陸することはできない。しかし、九州本土から沖合わずか約10キロに浮かぶ福岡県最大の大島には、宗像大社沖津宮遙拝所(ようはいじょ)がある。沖ノ島を拝する拝殿の役割を担っている。
 海岸線の高台に鎮座する宗像大社沖津宮遙拝所へは、東郷駅からバスと市営渡船を乗り継いで、島内の渡船ターミナルへ。ここから歩いて約30分で行くことができる。よく晴れて空気の澄みきった日には、北を望めば沖ノ島を眺めることができるという。境内は自由に散策することができ、大島に住む人々が沖津宮を遙拝してきた信仰の歴史を物語る存在でもある。
 また大島には、宗像大社中津宮もある。こちらは大島の渡船ターミナルを下船すれば徒歩5分で到着。境内には"天の川"と呼ばれる小川があり、七夕伝説発祥の地としても知られ、毎年8月7日には島を挙げての七夕祭りが行われている。

写真:宗像大社中津宮
宗像大社中津宮
  • 福岡県宗像市大島1811
  • 0940-72-2007
  • 自由
  • 無休
  • 無料
  • 東郷駅からバス約20分の神湊波止場で乗り換え、市営渡船約15分またはフェリー約25分の大島渡船ターミナル下船、徒歩約5分
  • 祝!世界遺産登録 いま知りたい、宗像大社のこと
  • 沖津宮を拝むことができる 大島(沖津宮遙拝所)
  • 全国に鎮座する宗像神社の総本宮 宗像大社辺津宮(へつみや)

  • メルマガ紹介
  • おとなび簡単ガイド
  • 100万人突破キャンペーン
  • CM撮影風景