グローバルナビゲーションをとばして本文へ
ここからが本文です。

すでにJ-WEST IDをお持ちの50歳以上の方は「会員ログイン」してください。

特集

  • 祝!世界遺産登録 いま知りたい、宗像大社のこと
  • 沖津宮を拝むことができる大島(沖津宮遙拝所)
  • 全国に鎮座する宗像神社の総本宮 宗像大社辺津宮(へつみや)

全国に鎮座する宗像神社の総本宮 宗像大社辺津宮(へつみや)

一般に“宗像大社”と呼ばれているのは、総社・辺津宮

 宗像大社とは3姉妹の女神を祀る沖津宮・中津宮・辺津宮の総称であるが、九州本土の宗像市の釣川沿い"田島"と呼ばれる地区にある辺津宮は、一番交通の便がよく、一般に"宗像大社"と呼ばれているのは、この辺津宮のことである。
 鳥居をくぐり、コイたちが泳ぐ心字池にかかる太鼓橋を渡れば、神門の向こうに本殿が見えてくる。本殿は戦乱などにより度々失われているが、最後に焼失したのは1557年(弘治3)で、1578年(天正6)には大宮司宗像氏貞によって本殿が再建されている。
 氏貞は跡継ぎがないまま亡くなった。そのため大宮司家は途絶えたが、1590年(天正18)に九州に転封された小早川隆景によって拝殿が再建。その後は福岡藩主黒田氏によって修理費用が賄われたという。
 また、境内に並ぶ末社の中には、1675年(延宝3)に第3代福岡藩主黒田光之によって造営された社殿もある。
 時の権力者たちが寄進してきた宗像大社辺津宮。現在は全国に約6,200ある宗像神社の総本宮として、古から変わらぬ信仰を受け継いでいる。

宗像大社 辺津宮
宗像大社 辺津宮
  • 福岡県宗像市田島2331
  • 0940-62-1311
  • 自由、神宝館は9:00〜16:30(入館は〜16:00)
  • 無休
  • 無料(神宝館は800円)
  • 東郷駅から西鉄バス「宗像大社前」下車すぐ
  • 祝!世界遺産登録 いま知りたい、宗像大社のこと
  • 沖津宮を拝むことができる大島(沖津宮遙拝所)
  • 全国に鎮座する宗像神社の総本宮 宗像大社辺津宮(へつみや)

  • メルマガ紹介
  • おとなび簡単ガイド
  • 100万人突破キャンペーン
  • CM撮影風景