グローバルナビゲーションをとばして本文へ
ここからが本文です。

すでにJ-WEST IDをお持ちの50歳以上の方は「会員ログイン」してください。

特集

10月も終わりになると、ようやく秋風が吹き始める西日本。澄んだ青空に誘われて新幹線に飛び乗れば、中国・四国・九州の紅葉の絶景がすぐそこに。
燃え盛る山々に囲まれ、秋の深まりを感じたい。

中四国〜九州、紅葉する絶景を訪ねて

錦秋の峡谷で、眼前に迫る紅葉

秋の絶景を求めて西日本を旅するなら、渓谷を訪ねるのがおすすめ。山々の懐に飛び込めば、触れられるほど間近に迫る紅葉の山肌が、頭からつま先までを秋色で包み込む。紅葉のピークは、毎年10月下旬〜11月。日帰りでも十分楽しめる西日本の紅葉スポットをひと足先に紹介しよう。

中四国〜九州 この秋訪れたい紅葉スポット

帝釈峡

広島県の帝釈峡は、中国山地の庄原市東城町と神石高原町にまたがる南北18kmの峡谷。観光の起点としては、北部の上帝釈エリアと、神龍湖を中心とした神龍湖エリアがあり、趣きの異なる景観を楽しめるのが魅力だ。上帝釈エリアでは、紅葉の山中を散策しながら、清流や世界三大天然橋に数えられる雄橋のダイナミックな姿を見ることができる。一方、神龍湖エリアでは、豊かな水を湛える湖で、遊覧船の上から紅葉を楽しめる。どちらも国の名勝に指定される比婆道後帝釈国定公園の主要景勝地で、紅葉の見頃は10月下旬〜11月中旬。

神龍湖遊覧船

勇壮な天然橋・雄橋

  • 広島県庄原市東城町、神石高原町
  • 08477-2-5811(帝釈峡観光協会)
  • 上帝釈エリア:広島駅から高速乗合バス「東城駅前」下車、タクシーで20分
    神龍湖エリア:広島駅から高速乗合バス「東城駅前」下車、タクシーで10分
祖谷のかずら橋

徳島県の祖谷渓は、平家の隠れ里として知られる秘境。深く切り立ったV字谷に木々が茂り、谷底を青碧の祖谷川が流れる様は、まさに深山幽谷の絶景だ。この秘境の風情と紅葉を堪能するなら、かずら橋からの眺めをおすすめしたい。重さ約6tのシラクチカズラでつくられた、全長45m、高さ14mの吊り橋だ。落ち逃げた平家一族が谷を渡るために架けたという伝説があり、かつては急峻な渓谷を渡るための唯一の交通施設だった。3年に一度架け替えが行われ、国指定重要有形民俗文化財に指定されている。紅葉の見頃は10月下旬〜11月中旬。

紅葉の祖谷渓に架かるかずら橋

重厚な幅2mの吊り橋

  • 三好市西祖谷山村善徳162-2
  • 0120-404-344(三好市観光案内所)
  • 日の出〜日没
  • 無休
  • 大人550円・小人350円
  • 大歩危駅から四国交通バス「かずら橋」下車、徒歩5分
耶馬渓

大分県の耶馬渓は山国川流域の広大な地域に広がる国指定の名勝で、その紅葉は、日光、嵐山と並び日本三大紅葉と称される。数々の見どころがある耶馬渓でもいちばんの景勝地が、深耶馬渓エリアの「一目八景」。深紅のモミジと猛々しい岩峰群が織りなす山水画のような景色は圧巻だ。広大な耶馬渓では、10月中旬〜11月下旬と比較的長く紅葉を楽しむことができるが、そのうち最も遅く色づき始めるのが、耶馬渓エリアにある御霊神社の「御霊もみじ」。ピーク時に参道を覆う紅葉トンネルもさることながら、苔生した石段を赤や黄の葉が覆う落葉の時期も美しい。

一目八景

御霊もみじ

  • 大分県中津市耶馬溪町大字深耶馬(一目八景)、耶馬溪町大字戸原(御霊もみじ)
  • 0979-23-4511(中津耶馬渓観光協会)
  • 一目八景:豊後森駅から大分交通バス「深耶馬溪温泉」下車、徒歩3分
    御霊もみじ:中津駅から車で30分

  • メルマガ紹介
  • おとなび簡単ガイド
  • 100万人突破キャンペーン
  • おとなびダイニング