グローバルナビゲーションをとばして本文へ
ここからが本文です。

すでにJ-WEST IDをお持ちの50歳以上の方は「会員ログイン」してください。

特集

  • 全国津々浦々 桜が彩る風景を訪ねる
  • 海際に咲く山桜を求めて九州へ
  • 鳴門海峡と桜吹雪の心に残る風景

海際に咲く山桜を求めて九州へ

海景×桜 〔長崎県壱岐市〕

福岡から高速船で約1時間。玄界灘に浮かぶ長崎県の壱岐島といえば、『魏志倭人伝』にその記述が残るほど、太古から栄えた島だ。島内には古墳群や史跡があり、神楽などの独自の文化が育まれているのも面白い。近年は、その美しい海を利用したマリンスポーツなどのアクティビティが楽しめる島として、観光客が集まっている。
 この地域の桜名所といえば、ほかではなかなかお目にかかることのできない海と桜の景色が広がる半城湾だ。島の南西に深く切り込んだ穏やかな湾で、湾岸の崖に自生する山桜を遊覧船の上から眺めることができる。また、約50分の遊覧船のコースでは、群塊としては日本北限という海中の珊瑚塊を見ることもでき、離島の美しい自然景観を余すことなく楽しめるのがうれしい。青碧の海面に白い山桜の花弁が舞う、なんとも爽やかな春の景色は、わざわざ足を運んでも後悔しない絶景だ。

岩肌と海と山桜のコントラストが美しい

穏やかな海を遊覧船が進む

壱岐 海桜遊覧 花の見頃:3月下旬〜4月上旬
  • 乗船場:郷ノ浦漁港(長崎県壱岐市郷ノ浦町麦谷触)
  • 0920-42-2020(勝本町漁協辰の島観光案内所)
  • 3月下旬〜4月上旬
  • 1日4便(10:00〜、11:00〜、14:00〜、15:00〜)※最小催行人員5名
  • 期間中無休
  • 1500円
  • 西唐津駅から九州郵船フェリー乗り換え、印通寺港下船、車で約20分
  • 全国津々浦々 桜が彩る風景を訪ねる
  • 海際に咲く山桜を求めて九州へ
  • 鳴門海峡と桜吹雪の心に残る風景

  • メルマガ紹介
  • おとなび簡単ガイド
  • おとなびダイニング