広大な日本庭園のなかを流れる紙屋川の上に張り出された「渓涼床」

広大な日本庭園のなかを流れる紙屋川の上に張り出された「渓涼床」

Theme初夏の粋な美味

青もみじを観賞しながら、「渓涼床」で初夏の粋な美味と、和の美にふれる2日間

初夏の京都。それは、ゆったりとした京都らしい時間を過ごすのにベストシーズンです。初夏の風物詩「青もみじ」を観賞するだけでなく、「青もみじ」が広がる書院にてオリジナル押し花朱印づくり。ご昼食は渓涼床で夏仕立ての京会席を。また聞香体験も。この時季ならではの体験を多数ご用意いたしました。爽やかな季節に「粋な美味」を食し、「和の美」にふれる旅をしてみませんか。

  • 旅行日数1泊2日
  • 最少催行人数25名
  • 旅行代金32,800円~36,800円
  • 出発日2017年6月3日(土)~11(日)
    ※東京・品川・新横浜駅発着は、6月8日(木)出発の設定はございません
  • 出発地首都圏発 ※静岡・中部地区発着もございます
  • 添乗員京都駅から1日目ホテルチェックインまで同行いたします

このプランのおすすめポイント!

  • オリジナルの押し花朱印をつくります
  • 1日目の昼食は、渓涼床で夏仕立ての京会席に舌鼓
  • 日本三芸道のひとつ「香道」。聞香体験をしていただきます
  • 初夏の風物詩「青もみじ」を観賞
  • 2日目は、うれしい終日フリータイム
  • 往復新幹線利用で楽々快適!
  • おひとり様参加大歓迎!

旅の始まりは、西の清水ともうたわれた西山に位置する、眼の観音様「柳谷観音 楊谷寺(ようこくじ)」へ。
古来より眼病に霊験あらたかな十一面千手千眼観世音菩薩がお祀りされています。ここは隠れた紫陽花の名所でもあります。この季節限定の、目の前に「青もみじ」が広がる書院にて、季節の押し花を貼り、世界に一つだけの、わたしだけのオリジナル御朱印をつくります。そして、天皇家公家や特別なお客様のみをお通しする上書院を特別拝観いたします。ここから眺める、京都府指定の名勝庭園の美しさに心が奪われることでしょう。

 

押し花をお好きな場所に配置して・・・わたしだけのオリジナル御朱印
押し花をお好きな場所に配置して・・・わたしだけのオリジナル御朱印
楊谷寺 上書院
楊谷寺 上書院

次に、洛北・鷹峯で3万5千坪を有する広大な敷地の「しょうざんリゾート京都」へ。 清流・紙屋川に張り出した渓涼床で鮎の塩焼きなど、夏仕立ての京会席をご賞味いただきます。通常非公開の迎賓館「峰玉亭」でのお茶席や、紫・白色など色鮮やかな花菖蒲が咲く庭園散策など、静かでゆったりとした時間をお過ごしいただけます。また、茶道・華道と並ぶ日本三芸道のひとつ「香道」。三つの香炉でたかれた香木の香りを聞き分ける「三種香」で聞香もお楽しみいただきます。目を閉じて、心を沈め、その香りを自分の記憶に刻みこむ、京都ならではの優雅で楽しい遊びを体験ください。

「しょうざんリゾート京都」で、旬の食材を使用した、夏仕立ての京会席を。
「しょうざんリゾート京都」で、旬の食材を使用した、夏仕立ての京会席を。
約3000本の色鮮やかな華菖蒲が咲き誇る日本庭園
約3000本の色鮮やかな花菖蒲が咲き誇る日本庭園
通常非公開の迎賓館「峰玉亭」で行われる聞香体験
通常非公開の迎賓館「峰玉亭」で行われる聞香体験

「もみじ」といえば、秋を思い浮かべがちですが、初夏ならではの生き生きとした「青もみじ」も格別です。
1日目の締めくくりは、岡崎エリアに位置する、山縣有朋の別荘 名勝「無鄰菴」へ。有朋が自ら設計・監督し、七代目小川治兵衛(じへえ)によって作庭された近代日本庭園の傑作です。東山を主山とし、琵琶湖疏水の水をとり入れた野趣あふれる庭園は、国の名勝庭園に指定されています。知る人ぞ知る青もみじの名所であり、新緑に包まれて静かなひとときをお過ごしいただけます。そしてこちらでは、開放的で手入れの行き届いた見事な庭園だけではなく、木造二階建ての母屋や、日露戦争直前の外交方針を決める「無鄰菴会議」が行われた洋館など、見どころが満載です。

無鄰菴 庭園
無鄰菴 庭園

このツアーを申し込む

(旅行企画・実施会社のWEBサイトへ遷移します)

東京発

静岡発

名古屋発

SHARE ON