実相院の床みどり(床みどりの見ごろ:5月中旬)   ※床みどりは撮影禁止となります
瀬音も心地よく響く貴船の川床(イメージ) ※雨天時は屋内でのご案内となります

Theme初夏の粋な美味

貴船・川床料理と「吉田山荘」の葉皿料理 水無月の京都・花の寺社めぐり

初夏の粋な美味めぐりの一泊二日。初夏から夏にかけて京都人が愛する魚といえば、海の鱧と川の鮎。旬の味を爽やかな風が吹く貴船の川床にてご賞味いただきます。そして国の登録有形文化財にも指定されている東伏見宮家別邸 吉田山荘にて伝統の葉皿料理を。また水無月ならではの花の寺社めぐりもお楽しみ。斜面一面の紫陽花が美しい善峯寺の貸し切り拝観や、竹林を人力車で巡る奥嵯峨、通常非公開寺院で特別公開される可憐な花々など、この時季にしか見られない京都の風景を、旬の美味とともにご堪能ください。

(左)梅雨の水を飲んで旨くなると言われる「鱧」 / (右)初夏の香を運ぶ鮎
(左)梅雨の水を飲んで旨くなると言われる「鱧」 / (右)初夏の香を運ぶ鮎
  • 旅行日数1泊2日
  • 最少催行人数20名
  • 旅行代金2~3名1室おひとり様100,000円 1名1室おひとり様115,000円
  • 出発日2017年6月29日(木)
  • 出発地博多駅・小倉駅・広島駅・岡山駅(※途中駅発着のお客様は博多駅発着のお客様と同一料金となります)
  • 添乗員同行

このプランのおすすめポイント!

  • 1日目の昼食は貴船川床料理。旬の鱧や鮎料理をご賞味
  • 2日目の昼食は元東伏見宮家別邸「吉田山荘」の葉皿料理をお愉しみ
  • 1万株の紫陽花が山肌を埋め尽くす善峯寺では一般拝観終了後に特別貸し切りで拝観
  • 苔と青もみじが美しい奥嵯峨・祇王寺へは知識豊富な俥夫の案内を聞きながら人力車で
  • 6月限定で販売される京菓匠・甘春堂の伝統菓子「水無月」で夏の厄払い
  • 博多と新大阪の往復は新幹線のぞみ号・グリーン車・禁煙席でゆったり快適に
  • お泊りはJR京都駅直結の利便性と清潔感溢れるホテルグランヴィア京都
  • 1名1室でお泊り可能。おひとり参加歓迎
あじさい:山肌一面を紫陽花が華やかに彩ります
あじさい:山肌一面を紫陽花が華やかに彩ります

初夏の粋な美味を堪能するツアーは、貴船の川床料理からスタート。賀茂川の源流である貴船川の清流を眺めながら、名物の川魚や旬の鱧を使った川床料理をご賞味を。その後は、新緑が清らかな参道を歩いて貴船神社へ。茅の輪くぐりで半年間の汚れを祓い清め、残り半年間の無病息災をご祈願ください。次に向かうは、建仁寺・両足院。初夏の特別拝観、半夏生の庭園特別公開をお楽しみいただけます。

次の善峯寺では、この季節限定の絶景に出会えます。およそ3000坪の白山あじさい苑では、セイヨウアジサイ、ガクアジサイ、ヤマアジサイなど約1万株の紫陽花が山肌一面を華やかに彩ります。見晴らしの良い高台から紫陽花越しに京都市街を一望する景色は圧巻です。善峯寺へは一般拝観終了後、クラブツーリズムのお客様だけの貸し切りでご案内するのでゆったりと楽しんでいただけます。また、通常は駐車場から約10分程山道を歩きますが、今回は山門近くまでバスで移動できるので安心して参拝できます。

緑豊かな庭園を眺めながら伝統の葉皿料理に舌鼓。椅子・テーブル席でご案内いたします。(季節により内容は異なります)
緑豊かな庭園を眺めながら伝統の葉皿料理に舌鼓。椅子・テーブル席でご案内いたします。(季節により内容は異なります)

2日目は、桔梗の寺として知られる花のお寺、東福寺・天得院へ。通常非公開の庭園は、桔梗と紅葉の期間のみ、年に2回公開されます。杉苔に覆われた枯山水の庭に美しく咲き誇る桔梗をごゆっくりご観賞ください。

「紅萌ゆる丘の花……」三高寮歌に歌われ、東山三十六峰のひとつとして親しまれる、京都・吉田山。その吉田山南麓に中腹に位置する吉田山荘は、東伏見宮家の別邸として昭和7年(1932年)に建てられ、戦後、その壮麗な姿のまま料理旅館となりました。純和風のしつらえに包まれた室内には、ステンドグラスや洒落た電燈など洋風の意匠がそこかしこに。国の登録有形文化財にも指定されている木造二階建の近代和風邸宅です。こちらでは30年来の伝統の葉皿料理をご賞味。八寸には宮家の蔵にあった葉型のお皿を清水焼で復元したものが使われています。

知る人ぞ知る祇王寺の名庭を訪ねます
知る人ぞ知る祇王寺の名庭を訪ねます。写真:松岡 幸月/アフロ
奥嵯峨に位置する祇王寺へは優雅に人力車でご案内
奥嵯峨に位置する祇王寺へは優雅に人力車でご案内

旅の最後に訪れるのは、竹林と楓に囲まれたつつましやかな草庵・祇王寺。『平家物語』に登場する平清盛と白拍子の祇王の悲恋の舞台として知られています。6月の祇王寺は青もみじや苔に滴る雫がひかり、より一層趣が増します。嵐山から祇王寺へは笹の音が心地よい竹林の小径を抜け、人力車でご案内。人力車からの視界は目線も高く、徒歩以上、自転車未満の絶妙なスピードと揺れが心地良く、嵐山の見知った風景も新鮮に映ります。地元の知識が豊富な俥夫のガイドが、より一層旅の思い出を深めます。

(旅行企画・実施会社のWEBサイトへ遷移します)

SHARE ON