「京都薪能」 観世流能「野宮」
「京都薪能」 観世流能「野宮」

Theme 「京都薪能」鑑賞 あじさい観賞 宇治川観光遊覧

能楽師のレクチャー付き、京都の初夏の風物詩「京都薪能」観賞とあじさいを愛でる2日間

初夏の京都を彩り、京都の年中行事の一つとして親しまれている「京都薪能」は、 昭和25年に始まり、今年で第68回目を迎えます。平安神宮の境内で、東山連峰の緑と拝殿の朱を借景に催され、観世・金剛・大蔵各流の能や狂言が披露されます。 篝火(かがりび)の灯りで揺らめく幽玄の世界を存分にご堪能ください。能楽の世界、そして、京都薪能をよりお楽しみいただくために、夜の鑑賞前にロームシアター京都で能楽師によるレクチャーを開催。初めての方にもわかりやすく解説いたしますのでどなたでも安心してご参加いただけます。薪能三昧の 1日目に対し、2日目はあじさいの名所めぐり。京都の初夏の風物詩の「京都薪能」と初夏の花をお楽しみください。

 

  • 旅行日数1泊2日
  • 最少催行人数15名
  • 旅行代金おひとり様 2名1室 60,000円 1名1室 70,000円(京都発着)
  • 出発日2017年6月1日(木)・2日(金)
  • 出発地東京・名古屋・京都・岡山・広島・博多発(東京・名古屋・岡山・広島・博多発の料金はお問合せください)
  • 添乗員1日目の京都駅出発から2日目の京都駅解散まで同行いたします。

このプランのおすすめポイント!

  • 夜の「京都薪能」鑑賞前に能楽師によるミニレクチャー
  • 平安神宮の大極殿の前で演じられる幽玄な舞台「京都薪能」を鑑賞
  • 1日目の夕食は京料理「六盛」で会席料理をご堪能
  • 藤森神社・三室戸寺のあじさいを観賞
  • 2日目の昼食は黄檗山萬福寺で精進料理「普茶料理」のご昼食
  • 宇治川をゆっくり観光遊覧
「京都薪能」 金剛流能「小鍛冶」
「京都薪能」 金剛流能「小鍛冶」

京都駅に降り立ったら、平安神宮で開催する「京都薪能」に先立ち、ロームシアター京都の舞台にて、能・狂言のレクチャーをお聞きいただきます。能の謡や囃子、狂言を能楽師が初めての方にもわかりやすく解説。最後には能の実演もございますので、夜の本番をよりお楽しみいただける内容です。

京料理「六盛」料理写真(イメージ)
京料理「六盛」料理写真(イメージ)

その後は、110年以上の歴史がある京都の老舗料亭「六盛」で会席料理のご夕食を。そして、いよいよ「京都薪能」の鑑賞へ。夕闇の中で篝火が焚かれ、平安神宮の朱塗りの社殿が映し出されるなか、特設の能舞台が闇夜に浮かびあがります。観世・金剛・大蔵の各流派による能や狂言が一度に楽しめるという豪華な公演は、例年4,000人近い観客が来場し、幽玄の世界に酔いしれます。

藤森神社 あじさい(見ごろ:6月初旬~下旬)
藤森神社 あじさい(見ごろ:6月初旬~下旬)

2日目は最初に藤森神社へご案内いたします。勝運の神様で知られ、境内2カ所のあじさい苑では、約3,500株の紫陽花で埋め尽くされています。「西洋あじさい」や「額あじさい」をはじめ、「柏葉あじさい」や「おたふくあじさい」など種類豊富なあじさいが咲き誇る美しい風景をご堪能ください。そしてその後は、黄檗山萬福寺にて、中国からもたらされた三百数十年の伝統のある精進料理「普茶料理」のご昼食をご堪能いただきます。

黄檗山萬福寺の「普茶料理」(4名盛 イメージ)
黄檗山萬福寺の「普茶料理」(4名盛 イメージ)
三室戸寺 あじさい(見ごろ:6月初旬~下旬)
三室戸寺 あじさい(見ごろ:6月初旬~下旬)

昼食後は、幻のあじさいと言われる「七段花」等が咲き乱れ、あじさい寺とも称される、あじさいの名所として有名な三室戸寺へ。1万株のあじさいが杉木立の間に咲く様は見応えがあります。

宇治川観光船(イメージ)
宇治川観光船(イメージ)

ツアーの最後は、源氏物語宇治十帖の中でも大きな存在感を放つ宇治川へ。宇治川観光遊覧船にご乗船いただき、のどかな風景をご堪能ください。船内では、宇治の上ほうじ茶と抹茶わらび餅などのお菓子を召し上がりいただきます。いつもとは違った景色を眺めながらの遊覧はいかがでしょうか。
ぜひ、この機会に京都の初夏の風物詩の「京都薪能」と初夏の花をお楽しみください。

(旅行企画・実施会社のWEBサイトへ遷移します)

SHARE ON