大原三千院「万灯会」 イメージ
大原三千院「万灯会」 イメージ

Theme夏の風物詩と京の夏の旅

祈りの里 大原を幻想的に照らす大原三千院「万灯会」と京の夏の旅

8月12日の夕方から夜にかけて行われるのが大原三千院「万灯会」。18時に御門主御導師により観音堂で点灯式が行われ、不動堂・観音堂前広場を中心とした境内全域に1万本にも及ぶろうそくが灯されます。広大な境内に祈りの光があふれる幻想的な景色を、ぜひ一度ご覧ください。翌日は、京の夏の旅 文化財特別公開へ。普段見学することのできない選りすぐりの文化財を期間限定でご見学いただけます。この時季にしか見られない京都の風景、特別公開される文化財をご堪能ください。

  • 旅行日数1泊2日
  • 最少催行人数10名
  • 旅行代金2名1室おひとり様 77,000円(京都発着)
    1名1室おひとり様 97,000円(京都発着)
  • 出発日2017年8月12日(土)
  • 出発地東京・名古屋・京都・岡山・広島・博多発(東京・名古屋・岡山・広島・博多発の料金はお問い合わせください)
  • 現地添乗員1日目の京都駅から2日目の京都駅解散まで同行いたします。

このプランのおすすめポイント!

  • 大原三千院「万灯会」参列
  • 宝泉院では柱と柱の空間を額に見たててお庭を観賞しながら、抹茶とオリジナルお菓子をご賞味
  • 1日目の夕食は三千院近くの料理旅館「魚山園」にてお食事
  • 上賀茂神社・下鴨神社・旧三井家下鴨別邸など「京の夏の旅」の特別拝観
  • 2日目の昼食は歴史と伝統に彩られた老舗「下鴨茶寮」にて京懐石をご堪能
宝泉院の「額縁庭園」
宝泉院の「額縁庭園」

旅の始まりは、京都・大原にある宝泉院へ。柱と柱の空間を額に見立てて鑑賞することから「額縁庭園」と呼ばれるようになりました。竹林の間から大原らしい里の風情も見渡せて、この庭が盤桓園(「立ち去りがたい」の意)と称されるのも納得。ゆったり抹茶とオリジナルお菓子をご賞味いただきながら鑑賞した後は、料理旅館「魚山園」にてご夕食をお召し上がりいただきます。

大原三千院「万灯会」 イメージ
大原三千院「万灯会」 イメージ
大原三千院「万灯会」 イメージ
大原三千院「万灯会」 イメージ

夕食後は、今回のツアーのメイン、大原三千院「万灯会」へ。青々とした苔に覆われた庭が特徴的な三千院ですが、闇夜に約1万個の提灯が灯され、日中とはまったく異なる幻想的な雰囲気に包まれます。「万灯会」とは、世界平和と祈願成就を祈り、京都では各所で行われる、夏の行事の一つとなっています。

上賀茂神社 一の鳥居
上賀茂神社 一の鳥居
上賀茂神社 本殿・権殿
上賀茂神社 本殿・権殿
下鴨神社 大炊殿内部
下鴨神社 大炊殿内部

2日目は、「京の夏の旅」文化財特別公開へ。今年で第42回を迎える「京の夏の旅」では、「近代の名建築」や「眺望」「庭園の美」などをテーマに、普段は見学できない文化財が特別公開されます。まずは上賀茂神社へ。世界遺産・上賀茂神社の本殿(国宝)と権殿(国宝)を神職のご案内で特別参拝していただきます。その後は、下鴨茶寮で京懐石のご昼食をご堪能いただきます。そして、世界遺産・下鴨神社の本殿(国宝)を特別参拝所から間近で拝観。あわせて神社建築としては珍しい神様のお台所・大炊殿(重文)もご覧いただきます。

旧三井家下鴨別邸
旧三井家下鴨別邸
旧三井家下鴨別邸 主屋二階からの庭園眺め イメージ
旧三井家下鴨別邸 主屋二階からの庭園眺め イメージ

旅の最後に訪れるのは、豪商・三井家の旧別邸(重文)。格調高い「玄関棟」は、書院造を基調としながら椅子座式で天井を高くするなど、近代的な趣を持っており、また「主屋」は、南に広がる庭園と一体となった開放的な造りがみどころです。この夏は、主屋一階と庭園に加え、通常非公開の主屋二階座敷を特別公開。二階からの庭園の眺めをお楽しみいただけます。
普段見学することのできない選りすぐりの文化財を期間限定でご見学いただける1泊2日の旅、ぜひこの機会にご参加ください。

(旅行企画・実施会社のWEBサイトへ遷移します)

SHARE ON