朱色の鳥居が美しい伏見稲荷大社で初詣(イメージ)
朱色の鳥居が美しい伏見稲荷大社で初詣(イメージ)

Theme年末年始を京都で

古都・京都で迎えるお正月 知恩院「除夜の鐘」と伏見稲荷大社・平安神宮で初詣2日間

一度は過ごしてみたい京都での年越し。年末年始の予約の取りづらい「京都市内・大浴場付きホテル」を確保いたしました。年末年始ならではの行事の見物や「伏見稲荷大社」「平安神宮」での初詣など、年末年始で華やぐ古都・京都をたっぷり満喫できるこだわりの内容です。

  • 旅行日数1泊2日
  • 最少催行人数20名
  • 旅行代金49,900円~54,900円
  • 出発日2017年12月31日(日)
  • 出発地広島駅(※東広島・三原・新尾道・福山・新倉敷・岡山駅途中乗降も承ります) 
  • 添乗員同行いたします

このプランのおすすめポイント!

  • 伏見稲荷大社、平安神宮など人気のスポットで初詣
  • 世界遺産・上賀茂神社の行事「御禊・大祓式」を見学
  • 大晦日の伝統行事、八坂神社の「をけら詣り」に参加
  • 知恩院の「除夜の鐘」を見物
  • 京都市内「大浴場付き」ホテルに宿泊
  • 2日間ともバスガイド付きだから、観光地も移動中も楽しめます。
  • 湯どうふ膳の夕食をご賞味
  • おひとり様の参加も大歓迎
左)上賀茂神社(イメージ)  右)大祓式(イメージ)
(左)上賀茂神社(イメージ)/(右)大祓式(イメージ)

新大阪駅下車後、バスで人気の観光地、嵐山へご案内します。渡月橋などの風景をお楽しみいただきました後に、世界遺産の上賀茂神社へ。新年を清々しく迎えるための神事である「御禊」、「大祓式(おおはらえしき)」を見学します。大祓とは「知らず知らずのうちに犯したであろう罪や過ち、心身の穢を祓い清めるための神事(上賀茂神社ホームページより)」のこと。「中臣祓詞」を唱え、紙を人の形に切り抜いた人形(ひとがた)を境内のならの小川に投流し、わが身の代わりに清めます。
その後、一旦ホテルに向かいチェックイン。大きなお荷物を置いて身軽になったところで、円山公園にある「祇園円山かがり火」にて、夕食の「湯どうふ膳」をお召し上がりいただきます。

湯どうふ膳の夕食(イメージ)※写真の湯どうふは2人前です。
湯どうふ膳の夕食(イメージ)※写真の湯どうふは2人前です。

お食事後は、八坂神社に行き、無病息災・厄除けを願う「をけら詣り」を。「をけら」は、焚くときつい臭いがするため、その臭いで邪気をはらうという意味があります。その火を消さないようにお参りをする「をけら詣り」は京都のお正月を代表する風物詩です。「をけら火」を吉兆縄に点火し消えないようにくるくると縄を回しながら持ち帰り、その火を神前の灯明や元日の雑煮を炊くときの火種として使うと、その年は無病息災でいられると伝えられています。
※当ツアーでは安全のため、をけら火をつけたままホテルに戻ることはできません。

左)八坂神社(イメージ)  右)をけら詣り(イメ-ジ)
(左)八坂神社(イメージ)/(右)をけら詣り(イメ-ジ)

大晦日、最後にご案内するのは、知恩院。除夜の鐘を見物します。高さ3.3メートル、直径2.8メートル、重さ約70トン。古来より日本最大級の大梵鐘として広く知られています。親綱、子綱を17人の僧侶が最大限の力を振り絞って、一打いち打、除夜の鐘を打ち鳴らします。1年間の煩悩を払いのけ、清らかな心で新しい年を迎える伝統儀式です。迫力ある除夜の鐘の音をご堪能ください。
※ご参詣の方に鐘を撞いていただくことはできません。

知恩院・除夜の鐘 (イメージ)
知恩院・除夜の鐘(イメージ)

京都での年越しを迎えた2日目は、人気の初詣スポットへご案内いたします。まずは平安神宮へ。平安遷都1100年祭の際に建立された平安神宮はパワースポットとしても有名で、毎年多くの初詣客でにぎわいます。次にご案内する東山界隈では2時間お取りして、清水寺や地主神社での初詣をお楽しみいただけます。

平安神宮(イメージ)
平安神宮(イメージ)

そして、最後にご案内するのが全国の稲荷神社の総本山・伏見稲荷大社。朱色の鳥居が連なり神秘的な和の雰囲気を醸し出す神社は人気の初詣スポット。そのご利益は五穀豊穣、商売繁盛、家内安全、所願成就として人々の深い信仰を集めています。

(旅行企画・実施会社のWEBサイトへ遷移します)

SHARE ON