全国に約3万社あるといわれる稲荷神社の総本宮「伏見稲荷大社」に初詣。
全国に約3万社あるといわれる稲荷神社の総本宮「伏見稲荷大社」に初詣。

Theme幕末の京都と初詣

明治維新150年記念 幕末の京都と伏見稲荷大社の初詣

旧幕府軍と薩長軍が激しく衝突した「鳥羽・伏見の戦い」が起こったのは、慶応4年(のちの明治元年 1868年)1月。この戦いが、1年半におよぶ戊辰戦争の幕開けとなりました。明治維新から150年を機に、幕末動乱の舞台となった、京都・伏見を訪れてみてはいかがでしょう。

まずは、伏見奉行による坂本龍馬暗殺未遂事件の起きた「寺田屋」を見学します。その後、「薩摩寺」という通称で知られる「大黒寺」へ。本尊は「出世大黒天」と呼ばれる出世開運の寺、境内には「寺田屋事件」で斃れた薩摩藩士・有馬新七ら9名の墓があり、その墓は西郷隆盛が私財を投じて建てたといわれています。ご昼食は、伏見の名水から生まれるだしと京の伝統野菜、地元京都の新鮮な食材を使った京料理の老舗料亭「清和荘」で美しい日本庭園を眺めながら京料理をお楽しみいただけます。そして、伏見と言えば全国各地で親しまれている“お稲荷さん”の総本宮「伏見稲荷大社」に初詣。幕末の京都に思いをはせる1日にお連れします。

  • 旅行日数日帰り
  • 最少催行人数20名
  • 旅行代金39,800円~45,800円
  • 出発日2018年1月23日(火)
  • 出発地広島駅・福山駅・岡山駅・新岩国駅・徳山駅・三次駅・呉駅
  • 添乗員広島駅から広島駅まで同行します

このプランのおすすめポイント!

  • 明治維新150年の冬の京、幕末の京都を訪ね、「寺田屋」と「大黒寺」へ
  • 京都・伏見の料亭「清和荘」にて数寄屋造りのお部屋で美しい日本庭園を眺めながら京料理をお楽しみ
  • 通称「薩摩寺」出世開運の寺、大黒寺では今回特別に志士たちゆかりの書や歌、肖像などが展示される予定
  • 広島駅から京都駅まで往復新幹線を利用。
  • おひとりさまの参加も歓迎。

新幹線で京都駅に到着後、貸し切りバスに乗り換えます。まずは「寺田屋」へ。坂本龍馬や長州の三吉慎蔵らは深夜の2時に、幕府伏見奉行の捕り方30人ほどに囲まれました。異変にいち早く気付いたお龍は風呂から裸のまま裏階段を2階へ駆け上がり、投宿していた龍馬らに捕り方が大勢来ている事を知らせ、龍馬達が態勢を整えることができたといわれています。江戸時代末期の山城国紀伊郡伏見の旅館・寺田屋で発生した「寺田屋事件」の場所を訪れます。

坂本龍馬がしばしば訪れた船宿「寺田屋」を再現した部屋。龍馬の肖像画が飾られている。
坂本龍馬がしばしば訪れた船宿「寺田屋」を再現した部屋。龍馬の肖像画が飾られている。

その後、その寺田屋で襲われた有馬新七ら9人の志士の墓がある大黒寺へ。「薩摩寺」と呼ばれる大黒寺は西郷隆盛や大久保利通らが度々集い、国事を論じた1室が残されています。本ツアーの時期には、志士たちゆかりの書や歌、肖像が特別展示される予定です。

左)「清和荘」入り口 / 右)美しい日本庭園を眺めながら京料理を。
左)「清和荘」入り口 / 右)美しい日本庭園を眺めながら京料理を。

ご昼食は、老舗料亭「清和荘」で美しい日本庭園を眺めながら、伏見の名水から生まれるだしと京の伝統野菜、地元京都の新鮮な食材を使った京料理をお楽しみいただけます。

そして、伏見と言えば全国各地で親しまれている“お稲荷さん”の総本宮「伏見稲荷大社」に初詣。朱塗りの鳥居がびっしりと並ぶ千本鳥居と呼ばれる名所、実際は1万本とも言われており、その景色は圧巻です。

重要文化財に指定されている本殿には、下社・中社・上社ならびに摂社である田中社・四大神の五社が一宇相殿に奉祀されている。
伏見稲荷大社
重要文化財に指定されている本殿には、下社・中社・上社ならびに摂社である田中社・四大神の五社が一宇相殿に奉祀されている。

(旅行企画・実施会社のWEBサイトへ遷移します)

SHARE ON