古地図をみながら、歴史上の超有名人物「豊臣秀吉」「徳川家康」の足跡を求めて。
古地図をみながら、歴史上の超有名人物「豊臣秀吉」「徳川家康」の足跡を求めて。

Theme秀吉と家康の足跡

京都ぶらり古地図ウォーキング~秀吉と家康の足跡~ 日帰り

古都京都。その響きを聴くだけで、1000年を越える歴史ロマンが存在し、人々をひきつける強力な魅力があります。そんな京都の今と昔を、古地図を元に比べてみてはいかがでしょうか? 見るだけでは味わえない、専門ガイドが同行の案内付だから、より深く、より詳しく京都がわかることでしょう。  
誰でも耳にしたこのとなる、歴史上の超有名人物「豊臣秀吉」と「徳川家康」の、専門ガイドが知っている耳より情報も楽しみの一つです。時空を超えた、充実の日帰り旅行をお楽しみください。

  • 旅行日数日帰り
  • 最少催行人数30名
  • 旅行代金17,800円
  • 出発日2018年1月14日(日)、21日(日)、28日(日)
  • 出発地広島県
  • 添乗員同行いたします

このプランのおすすめポイント!

  • 歴史上の超有名人物「豊臣秀吉」「徳川家康」の、京都での秘密を探ります。
  • 専門ガイドが同行しますので、しっかり、じっくりご説明いたします。
  • 京都の古地図を配布し、今と昔を見比べましょう。
  • 京都名物「せいろ蒸し御膳」をご用意。
  • 往復山陽新幹線普通車指定席利用(JR広島駅からJR新大阪駅まで)。
  • おひとりさまの参加も歓迎。
ご昼食は、京都ならでは、せいろ蒸し御膳のご昼食
ご昼食は、京都ならでは、せいろ蒸し御膳のご昼食

京都で、秀吉と家康の足跡を訪ねる旅の始まりは、まずは腹ごしらえから。京都らしいはんなりとしたせいろ蒸し御膳のご昼食を。食後は、京都の古地図を配布します。今と昔を見比べながら、たどっていきましょう。最初に訪れるのは、豊臣秀吉の側室・淀殿が、父・浅井長政の追善供養のため、21回忌法要の時(文禄3年・1594年)に創建した供養寺である養源院へ。 有名な「血天井」は、関ヶ原の戦いの直前、伏見城で亡くなった徳川家の家臣の冥福を祈るために作られました。伏見城の留守居を任された鳥居元忠ら380余名は必死の抗戦も空しく力尽き「中の御殿」に集まって切腹。戦後処理が終わるまで、2ヶ月ほど伏見城に放置されていた間に、血痕や体のあとが床板に染み付き、その板を外し、寺の天井に使ったそうです。俵屋宗達が描いた襖絵「松図」や、宗達の出世作ともいわれる白象、唐獅子、麒麟を描いた杉戸絵(重要文化財)も必見です。

豊国神社の唐門。
豊国神社の唐門。

吉田神道の神事作法により神になった豊国大明神・豊臣秀吉(前関白太政大臣 正一位)を祀っている豊国神社へ。慶長4年(1599年)創建の際は、壮麗壮大な神社でしたが、夏の陣で豊臣氏が滅亡した後は、徳川幕府の命により廃祀。以後250年もの間、草むらに埋もれ庶民の参拝もできない状態で放置されていたのを、明治天皇が「天下を統一しながら幕府を開かなかったのは尊皇の功臣である」と豊臣秀吉をたたえ、豊国神社再興を命じ、現在につながっています。

方広寺
方広寺

また、奈良の大仏よろしく大きな大仏を安置するために秀吉が建てた方広寺へ。ねねの道を散策しながら高台寺へもめぐります。

(旅行企画・実施会社のWEBサイトへ遷移します)

SHARE ON