醍醐寺 「除夜の鐘撞き」(イメージ)
醍醐寺 「除夜の鐘撞き」(イメージ)

Theme京都で過ごす年末年始

夢の休日 年末年始 世界遺産 醍醐寺 除夜の鐘撞きと瓢亭本館の新春懐石料理3日間

年末年始ならではの京都を満喫いただけるプランです。
世界遺産醍醐寺に鳴り響く108の除夜の鐘。幽玄な雰囲気が漂うなか、鐘をお撞きいただき新たな年をお迎えください。元旦は、ゆっくりとホテルでおせち料理をご堪能いただいた後、世界遺産・上賀茂神社 国宝本殿や世界遺産・金閣寺に初詣。ご夕食は、京料理の粋が感じられる「瓢亭本館」にて、新春の新春懐石料理をご堪能ください。3日目は、1組に1台の観光タクシーをご用意。ご希望の観光地までご案内いたします。

  • 旅行日数2泊3日
  • 最少催行人数10名
  • 旅行代金東京駅発着 278,000円(2名1室利用)
    京都駅発着 248,000円(2名1室利用)
  • 出発日2017年12月31日(日)
  • 出発地東京駅または京都駅
  • 添乗員同行いたします

このプランのおすすめポイント!

  • 大晦日に世界遺産・醍醐寺除夜の鐘撞きへご案内
  • 老舗料亭「瓢亭本館」の懐石料理をご堪能
  • 橋本関雪記念館・白沙村荘 邸宅にて京会席をご賞味いただきます
  • 3日目は、お客様ごとの専用観光タクシーにてお客様のペースにあわせて観光いただきます
  • 往復の新幹線はグリーン車でゆったり移動

大晦日、京都駅に降り立ち、まずは橋本関雪記念館・白沙村荘 邸宅へご案内いたします。
大正・昭和の京都画壇で活躍した日本画家 橋本関雪が大正4年、銀閣寺のたもとに白沙村荘と名付けた1万平米に及ぶ広大な敷地には、関雪が暮らした屋敷(瑞米山)と絵画を制作した大画室(存古楼)、夫人の為に作った茶室などがあり、庭園も関雪の作品の一つとして2003年に国の名勝に指定されております。ご昼食は庭園を観賞しながら京料理をお楽しみください。

白沙村荘の外観(イメージ)
白沙村荘の外観(イメージ)

京都でのご宿泊は、グランドプリンスホテル京都に連泊。本コースでは8階のロイヤルフロアの客室をご用意いたします。大晦日の夜はホテル内のレストランにて洋食をお召し上がりいただきます。

(左)グランドプリンスホテル京都 ロイヤルラウンジ(イメージ)/(右)客室の一例(イメージ)
(左)グランドプリンスホテル京都 ロイヤルラウンジ(イメージ)/(右)客室の一例(イメージ)

ご夕食後は、世界遺産・醍醐寺除夜の鐘撞きにご案内。去り行く年の幕切れと、新しい年の幕開けとなる大晦日。人には108の煩悩があると言われ、その煩悩を祓うために、除夜の12時をはさんで108回の鐘が撞かれます。世界遺産・醍醐寺も1月1日午前0時から撞くことができます。本ツアーの参加者は特別に鐘撞きにご参加いただけます。自ら撞く鐘の響きに往く年来る年へ思いを馳せて、特別な信念をお迎えください。
2日目の元旦は、ゆったり出発。ホテルでおせち料理をご堪能いただいた後、初詣へご案内いたします。世界遺産・上賀茂神社 国宝本殿や世界遺産・金閣寺で初詣にご参拝いただきます。京らしいお正月をお過ごしください。

上賀茂神社(イメージ)
上賀茂神社(イメージ)

元旦のご夕食は、老舗料亭「瓢亭本館」の懐石料理をご堪能いただきます。南禅寺境内に立ち、450年以上も京の歴史を見続けてきた京都きっての老舗料亭。名店で、伝統に裏打ちされた懐石料理を存分にご賞味ください。

(左)瓢亭本館 外観(イメージ)  /(右) 瓢亭本館 料理の一例(イメージ)
(左)瓢亭本館 外観(イメージ) /(右) 瓢亭本館 料理の一例(イメージ)

3日目は、1組に1台の観光タクシーをご用意します。お客様のペースにあわせて、ご希望の観光地までご案内いたします。

(旅行企画・実施会社のWEBサイトへ遷移します)

SHARE ON