平安神宮内の特設能舞台で行われる「京都薪能」(イメージ)
平安神宮内の特設能舞台で行われる「京都薪能」(イメージ)

Theme京都伝統芸能「薪能」

能楽師によるレクチャー付き! 京都伝統芸能「薪能」鑑賞と新緑の鞍馬寺

初夏の風物詩「京都薪能」。ライトアップされた平安神宮の朱塗りの社殿、夕闇のなかでかがり火が焚かれ、闇夜に浮かび上がる特設舞台で厳かに演じられる薪能は、幽玄の世界へ誘ってくれます。観世流、金剛流、大蔵流の豪華な演者による能と狂言が上演される「京都薪能」をより深くお楽しみいただくために、鑑賞前には能楽師によるミニレクチャーを行います。初めての方でも安心して鑑賞いただけます。さらにこの時季美しい鞍馬寺や、近代日本庭園の傑作といわれる名勝「無鄰菴」にもご案内。2日目は、終日うれしいフリータイム。初夏ならではの京都をお楽しみください。

  • 旅行日数1泊2日
  • 最少催行人数25名
  • 旅行代金34,800円~42,800円(東京・品川駅発着)
  • 出発日2018年6月1日(金)・2日(土)
  • 出発地東京・品川・新横浜・静岡・掛川・浜松・豊橋・三河安城・名古屋
  • 添乗員京都駅~1日目ホテルチェックインまで同行(現地添乗員)
  • 貸し切りバス
    会社名
    帝産観光バス京都支店または同等クラス

このプランのおすすめポイント!

  • 能楽師による分かりやすいレクチャーの後、京都伝統芸能「薪能」を鑑賞
  • 新緑が美しい鞍馬寺や無鄰菴の庭園をご覧いただきます
  • 2日目は終日フリータイム
  • お一人様参加大歓迎!
  • 往復新幹線利用で楽々快適!安心の添乗員同行ツアー

京都駅出発後、まず向かうのは、新緑の美しい鞍馬寺。牛若丸の修行の地として知られ、近年はパワースポットとしても人気を博しています。能の演目「鞍馬天狗」の舞台になっていることでも有名です。豊かな自然のなかで、仁王門、多宝塔、本殿金堂など多くの文化財を拝観いただけます。

ご昼食は、鞍馬にある料理旅館「洛北 くら満荘」にて、四季の彩り豊かな「くら満弁当」をご用意いたします。

ホテルへ一旦立ち寄り、大きなお荷物を預けていただいた後は、岡崎公園内にあるロームシアター京都にて、能楽師によるミニレクチャーにご参加いただきます。その日鑑賞いただく能について、初めての方にも分かりやすく解説いただけます。

その後は、歩いて、山縣有朋の別荘 名勝「無鄰菴」へ。有朋が自ら設計・監督し、七代目小川治兵衛(じへえ)によって作庭された近代日本庭園の傑作です。東山を主山とし、琵琶湖疏水の水をとり入れた野趣あふれる庭園は、国の名勝庭園に指定されています。知る人ぞ知る青もみじの名所であり、新緑に包まれて静かなひとときをお過ごしください。開放的で手入れの行き届いた見事な庭園だけではなく、木造二階建ての母屋や、日露戦争直前の外交方針を決める「無鄰菴会議」が行われた洋館など、見どころが満載です。

「カフェレストラン浮舟」竹かご膳(イメージ)
「カフェレストラン浮舟」竹かご膳(イメージ)

「薪能」鑑賞前に、「カフェレストラン浮舟」で少し早目のご夕食を。竹籠に入った和食膳をお楽しみください。

(左)観世流能「船弁慶」(イメージ)/(右)金剛流能「祇王」(イメージ)
(左)観世流能「船弁慶」(イメージ)/(右)金剛流能「祇王」(イメージ)

そして、いよいよ平安神宮内の特設能舞台で「京都薪能」を鑑賞いただきます。「京都薪能」は昭和25年から始まり、今年で69回目。夕闇にかがり火が焚かれ、平安神宮の朱塗りの社殿が映し出されるなか、特設の能舞台が闇夜に浮かび上がります。「京都薪能」は初めての方でも分かりやすいと好評です。どなたでも親しみやすい選曲、分かりやすい演目解説が掲載されたパンフレット、さらに各曲の間に狂言師が能の内容について分かりやすく解説してくださいます。「平安神宮」という絶好の場所で、豪華な演者の競演など、贅沢な時間をお過ごしください。

この日のお宿は、平安神宮すぐ近くの「ホテル平安の森京都」。備長炭入りの明るく広々とした大浴場も完備されており、旅の疲れを癒してくれるでしょう。
2日目は、終日うれしいフリータイム。神社仏閣めぐりやお買い物などご自由に初夏の京都をお楽しみください。

(旅行企画・実施会社のWEBサイトへ遷移します)

SHARE ON