和束 石寺の茶畑(イメージ)
和束 石寺の茶畑(イメージ)

Themeお茶の京都

茶源郷・和束と南山城の名刹を貸し切りタクシーで訪ねる2日間

京都府の南部に位置する山城地域。この地区は茶栽培に適した気候であることから約800年もの間「日本茶のふるさと」として日本のお茶文化を支えてきました。そんな日本茶のトップブランドである宇治茶の主産地「和束」で茶畑が織りなす美しい景色を堪能し、また、お茶を使った会席料理を味わっていただきます。この地域はまた、ユネスコの世界遺産に登録されている「平等院」「宇治上神社」のほか、エリア内には歴史と文化を堪能できる、国宝や重要文化財を有する社寺が点在しております。宇治茶が紡ぐ、お茶の京都ならではの大人の旅をご堪能ください。

  • 旅行日数1泊2日
  • 最少催行人数4名
  • 旅行代金64,800円~81,800円(東京・品川駅発着)
  • 出発日2018年9月25日(火)、26日(水)、10月22日(月)、23日(火)、11月21日(水)、24日(土)
  • 出発地東京・品川・新横浜・三島・新富士・静岡・掛川・浜松・豊橋・三河安城・名古屋
  • 添乗員同行いたしません(添乗員は同行いたしませんが、観光ドライバーがご案内いたします)
  • 貸し切りタクシー会社名エムケイ又は同等クラス

このプランのおすすめポイント!

  • 宇治茶の主産地・和束で茶畑の美しい景観をご覧いただき、お茶を使った会席料理に舌鼓
  • 「猪目窓」で知られる正寿院を、当社のお客様だけに通常は入れない夕刻に貸し切りで特別拝観
  • 移動はグループごとに貸し切りタクシーをご用意! 楽々観光を
  • 大型バスでは行きづらい南山城の名刹や世界遺産平等院・宇治上神社などを訪れます
京都和束荘外観とロビー
京都和束荘外観とロビー

宇治茶の「茶源郷」和束にある京都和束荘に宿泊。「お茶を五感で愉しむ宿」でお茶の魅力にふれてください。

【視覚で愉しむ】
和束荘から少し歩いただけで茶畑に出会えます。季節毎に移り変わる山と茶畑が織りなす景色は、ここでしか味わえないもの。ぜひゆっくりご散策ください。

【味覚で愉しむ】
夕食は、お茶を使った会席料理を味わっていただきます。朝食後に呈茶のお時間も設けております。本場の和束茶をお楽しみください。

【触覚で愉しむ】
和束荘では、煎茶を浮かべたお風呂を楽しんでいただきます。リラックス効果の高いお茶の香りに癒されながら、ゆっくりとお温まりください。

【嗅覚で愉しむ】
季節によっては和束町内の茶工場などから香るお茶の香り。お部屋内でも、お茶香炉をお楽しみください。

【聴覚で愉しむ】
翌朝、朝食の後にスタッフがお茶についてお話させていただきながら、心を込めて和束茶をお淹れいたします。

「一休さん」で親しまれている酬恩庵一休寺のほか、南山城の名刹をめぐります。

①酬恩庵一休寺
一休宗純が晩年を過ごし、その墓所があるため一休寺の名で知られています。加賀前田藩が寄進した方丈と玄関の唐門、庫裏、東司などは重要文化財に指定されており、方丈庭園は国指定名勝です。

②大御堂観音寺
国宝の十一面観音立像を有しており、本堂と庭園が周りの山々と調和する景色は美しい姿を見せています。

③正寿院
宇治田原にたたずむ高野山真言宗の仏教寺院。 快慶作の木造不動明王像は、国の重要文化財に指定されています。客殿には、猪目窓と言われるハート型の窓があり、大きな話題を呼んでいます。

④岩船寺
天平元年に聖武天皇の願いで建立されたと伝えられている岩船寺。深い緑に包まれるように立つ三重塔や古色を秘めてたたずむ本堂の風景からは山寺の風情が感じられます。

⑤浄瑠璃寺
奈良時代に聖武天皇が僧行基に建立させたのが始まりと伝えられ、三重塔と庭園(特別名勝史跡)を配置した浄瑠璃伽藍は四季折々の美しさを保っています。

⑥世界遺産平等院
1052年、藤原頼通によって開かれた世界遺産の寺院。国宝も数多く、なかでも圧巻は十円硬貨にもデザインされている鳳凰堂。仏師・定朝作の阿弥陀如来坐像が安置された御堂が、阿字池に映る美しい姿を現します。

⑦世界遺産宇治上神社
現存する日本最古の神社建築を有し、風光明媚な世界遺産です。うさぎをモチーフにした可愛らしいおみくじは女性を中心に大人気です。

(旅行企画・実施会社のWEBサイトへ遷移します)

SHARE ON