グローバルナビゲーションをとばして本文へ
ここからが本文です。

DISCOVER WEST とは数多くの歴史文化遺産と美しい自然に恵まれた西日本エリア。そこで見つかる、いい日本、 いい自分の時間を発見していただく旅の提案です。

岡山・吉備路・倉敷 「美」を感じる旅へ 1日目

新幹線N700系のぞみに乗れば、東京から3時間あまりで岡山へ。1時間に3〜4本ペースで運行しているから、ほとんど待たずに乗車でき、快適な車内で車窓の風景を楽しむもよし、文庫本1冊読了するもよし、気がつけば、岡山の街が目の前。
日本三名園のひとつ、岡山後楽園のある県都の岡山市から昔話『桃太郎』のふるさと吉備路へ。2日目は重要伝統的建造物群保存地区に指定されている白壁の町・倉敷美観地区を経て、最近話題の「児島ジーンズ」までをたどる1泊2日の旅をご紹介。
古の「美」から現代の「美」まで、バラエティーに富んだ多彩な岡山の「美」に酔いしれてください。

ご旅行はN700系「のぞみ」で!

本数が多く、目的地まで短時間で到着できるのが新幹線の魅力。「のぞみ」なら東京⇔岡山間が最速3時間12分。岡山の旅は断然、N700系「のぞみ」がおすすめだ。座り心地のいい座席にゆったり座って寛いでいたら、すぐに岡山に到着。 移動中に時間を惜しんで仕事をするビジネスマンのためのモバイル用コンセントも設置(グリーン車の全席と普通車の窓側・最前部・最後部席に設置)。
上質な旅のもてなしをどうぞ。

N700系普通車

  • 岡山城
  • 織田信長の安土城天主閣を模したと伝えられる、全国的にも珍しい不等辺五角形の天守台を持つ

1.岡山城 まずは天守閣から岡山の街を一望

豊臣秀吉に仕えた豊臣五大老のひとり、宇喜多秀家が秀吉の指導を受け、約7年の年月をかけて慶長2年(1597)に築城。外観が漆黒であるため「烏城(うじょう)」とも呼ばれる。豊臣時代に築かれた城は、さらに小早川氏から池田氏へと増改築を重ねながら江戸時代に引き継がれて行ったため、石垣にそれぞれの時代が反映されているのが見られ興味深い。現在の天守閣は昭和41年(1966)に再建されたもの。城跡は烏城公園として整備され、天守閣内部には楽しく岡山城の歴史を学べる展示があるほか、最上階からは隣接する後楽園や岡山市街のパノラマが楽しめる。国指定史跡。

[  電  話  ]

086-225-2096

[  時  間  ]

烏城公園入園自由。天守閣は9時〜17時30分(最終入場は17時)

[  住  所  ]

岡山県岡山市北区丸の内2-3-1

[  料  金  ]

烏城公園入園自由。天守閣は300円

[  休  み  ]

烏城公園入園自由。天守閣は12月29〜31日

岡山後楽園 日本三名園で日本の「美」を満喫

旭川沿いに明るく広がる13万uの庭園。園内には、芝生や池、築山が造られ、延養亭や廉池軒、島茶屋などが点在し、四季折々の美しさが楽しめる。 第2代岡山藩主、池田綱政によっておよそ14年かけて造営され、明治中期に岡山県に譲渡されるまで代々の藩主に引き継がれた。

昭和初期の水害や戦災などに遭いながらも江戸時代の絵図などに基づいて復旧が行われ、やすらぎの場を提供し続けている。現在は国指定特別名勝で、水戸の偕楽園、金沢の兼六園と並ぶ日本三名園のひとつに数えられている。『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』で3つ星の評価を得ている。

  • 唯心山

    園内ほぼ中央にある高さ6mの築山が唯心山(ゆいしんざん)。
    ここからの眺望はミシュランで2つ星の評価。ツツジやモミジなど四季折々の風情が楽しめ、園全体を見渡せる。

  • 流店

    流店(りゅうてん)は、建物1階の中央に水路が通り、壁がない柱のみの珍しい建物。緑を眺められる休憩所として人気だ

  • 延養亭

    後楽園の中心的建物、延養亭(えんようてい)。藩主が後楽園を訪れた際の居間で、学者を招いて講義を受けたことも

  • 曲水

    園内を流れる全長640mの水路が曲水(きょくすい)。旭川の流れを取り込んで造られた。時の流れを忘れそうな風景

  • お庭そだちシリーズ

    後楽園でとれた梅で作った「お庭そだちシリーズ」を園内のさざなみ茶屋などで販売。後楽園限定なのでおみやげに最適

[  電  話  ]

086-272-1148(後楽園事務所)

[  時  間  ]

8〜17時(3月20日〜9月30日は7時30分〜18時 ※2017年9〜11月は1時間早朝開園)、入園は閉園15分前まで

[  住  所  ]

岡山県岡山市北区後楽園1-5

[  料  金  ]

400円

[  休  み  ]

無休

吉備津神社 「鬼退治神話」が残る神社

吉備の国を平定し、平和と秩序をもたらしたとされる大吉備津彦大神(おおきびつひこのおおかみ)を主祭神とする山陽道屈指の大社。本殿と拝殿は過去2度の火事によって焼失したが、室町時代の応永32年(1425)に再建され、国宝に指定されている。壮麗な本殿は入母屋屋根を2つ並べて1つの大きな屋根にまとめた、全国でも吉備津神社だけという比翼入母屋造(吉備津造)様式で、その本殿と拝殿がつながった珍しい造りとなっている。昔話『桃太郎』の元ともいわれる鬼退治神話も残る。鳴釜(なるかま)神事は、願い事の吉凶を占う古くからの珍しい神事で、現在でも金曜を除きほぼ毎日行なわれる(受付は9〜14時)ので、ぜひ一度試してみたい。

[  電  話  ]

086-287-4111

[  住  所  ]

岡山県岡山市北区吉備津931

[  料  金  ]

境内無料

[  時  間  ]

5〜18時
(年末年始など変動の場合あり)

[  休  み  ]

無休

  • 吉備津神社
  • 「吉備津造」といわれる独特の様式をもつ本殿・拝殿。約400mの廻廊も圧巻だ

  • 五重塔
  • 国指定重要文化財の五重塔。初層には1面につき3体の干支の彫刻がはめ込まれている。自分の干支を確認してみよう

備中国分寺 吉備路にそびえる五重塔

奈良時代の天平13年(741)、聖武天皇の発願で全国に建てられた官寺のひとつ。境内の建物は南北朝時代に全て焼失し、一時は廃寺になっていたが、江戸時代中期に再建された。岡山県唯一の五重塔は高さ約34m、江戸時代後期の建築様式を色濃く残す国指定重要文化財。内部には大日如来を中心にした五智如来を祀る。境内には創建当時の礎石が多く出土しており、備中国分寺跡として国指定史跡にもなっている。

[  電  話  ]  0866-94-3155(国分寺観光案内所)

[  住  所  ]  岡山県総社市上林1046

[  料  金  ]  境内自由

[  時  間  ]  境内自由

[  休  み  ]  境内自由

モデルコース 1日目
JR東京駅 発

JR東海道・山陽新幹線

JR岡山駅

岡電バス岡電高屋行、または両備バス岡山西大寺線東山経由西大寺行 県庁前バス停下車

1.岡山城

徒歩

2.岡山後楽園

岡電バス・宇野バス岡山駅行 後楽園前バス停、または岡山電軌東山線岡山駅前行 城下電停下車/駅周辺で昼食

JR岡山駅

JR吉備線(桃太郎線)

JR吉備津駅

徒歩

3.吉備津神社

タクシー

4.備中国分寺

タクシー

JR総社駅

JR伯備線

JR倉敷駅
倉敷泊
モデルコース 2日目

徒歩

5.有隣荘

徒歩

6.大原美術館

徒歩

7.くらしき川舟流し

徒歩/駅周辺で食事

JR倉敷駅

JR山陽本線

JR岡山駅

JR瀬戸大橋線快速マリンライナー

JR児島駅

下電バスジーンズバス 王慈園前バス停下車
※運転日をご確認の上、ご利用ください。

8.ベティ スミス ジーンズミュージアム&ヴィレッジ

下電バスジーンズバス JR児島駅バス停下車
※運転日をご確認の上、ご利用ください。

JR児島駅

JR瀬戸大橋線快速マリンライナー

JR岡山駅

JR東海道・山陽新幹線

JR東京駅着

※各アクセスや観光情報については、おでかけの際に事前の確認をお願い致します。

岡山・吉備路・倉敷 「美」を感じる旅へ 2日目

情報提供:JTBパブリッシング

DISCOVER WEST パスポート

お申し込みは各旅行会社

JRと宿をセットにしたおトクな旅行プランを販売中!
詳しくは各旅行会社のホームページへどうぞ。

  • JTB
  • 日本旅行
  • 近畿日本ツーリスト
  • JR東海ツアーズ

DISCOVER WESTとは

それは、西にある。 DISCOVER WEST

DISCOVER WEST とは
数多くの歴史文化遺産と
美しい自然に恵まれた西日本エリア。
そこで見つかる、いい日本、 いい自分の
時間を発見していただく旅の提案です。
DISCOVER WEST CMはこちら

ロングバージョンの動画はこちら
瀬戸内CMはこちら
山陰CMはこちら