ここからが本文です。

北陸カレッジ

    下記に記載の学生発表内容に記載されている、観光情報・列車ダイヤ情報については発表当時のものとなります。

    旅行プラン紹介

    神戸松蔭女子学院大学

    My Favorite 石川・加賀!加賀の4エリアを「山中 fabulous」「山代 friendly」「片山津 fantastic」「粟津 fantasy」と分類。メインターゲットを20代の女子学生旅行のに設定し、わがままな女子にフィットする、好きなところだけ選んで組み合わせるオリジナルフリープラン。

    1日目

    モデルコース1 予算:約29,000円

    そば打ちなど体験メニューが充実 山中漆器発祥の地『ろくろの里』

    古くから山中漆器の木地を挽くろくろ工房が数多く見られた。現在も20数軒工房でおわんや茶托、なつめ、盆などが挽かれている。里の中心にある古民家の建物「食彩館ぼうし」では本格的なそば打ち体験、「うるしの器 あさだ」では蒔絵の絵付け体験が出できる。

    ■ろくろの里 工房の館/加賀市山中温泉菅谷町へ1番地1
    ■開館時間/11:00〜16:00
    ■休み/水曜日(祝日は開館)
    ■問い合わせ/0761-78-0051

    そば打ち体験・漆器 蒔絵体験
    街道沿いには温泉街の魅力が目白押し格好の散策路『ゆげ街道』

    温泉の祖、長谷部神社を中心に広がるゆげ街道には、山中漆器や九谷焼などのギャラリーが多く軒を連ねる。街道にはカフェや食事処、美味しいスイーツのお店もあり、温泉気分を満喫しながら散策を楽しめる。

    ■住所/加賀市山中温泉南町・山中温泉湯の出町
    ■駐車場/こおろぎ橋駐車広場(乗用車22台、大型車2台)
         観光客無料駐車場(菊の湯男湯横)乗用車11台 他
    ■問い合わせ/0761-78-0330(山中温泉観光協会)

    豊かな自然と伝統文化が色濃く残る湯のまち 日本三大名湯のひとつ『山中温泉』

    山中の温泉は身体の芯までしみわたり、身も心も潤すと芭蕉が称賛した日本三大名湯のひとつ。古くから多くの文人墨客たちが訪れた温泉地として知られる。最近、温泉に大量の水素が含まれていることがわかり、美肌や老化防止などへの効果が期待されている。

    ■住所/加賀市
    ■問い合わせ/0761-78-0330(山中温泉観光協会)

    2日目

    別名忍者寺『妙立寺』

    本堂に続く庫裏は外観が2階建て、内部が4階7層。23の部屋と29の階段がある。物見台と思われる本堂屋上の望楼、金沢城への地下道と伝えられる大井戸、隠し部屋や隠し階段、ドンデン返し、抜け穴などもあり、別名・忍者寺とも呼ばれる。

    ■住所/金沢市野町1-2-12
    ■休み/無休(法要による臨時休あり、1月1日休)
    ■駐車場/駐車場有、極楽寺駐車場有
    ■問い合わせ/076-241-0888

    外敵を欺く仕掛けの数々にワクワク!
    金沢市民の台所『近江町市場』

    1721年(享保6)発祥の加賀100万石の台所。狭い迷路のような通路に、鮮魚・青果から衣料品、生活雑貨まで、180軒あまりの店が立ち並び、飛び交う金沢弁で賑やか。金沢市民はもちろん、金沢の味覚を求めて大勢の観光客も訪れる。

    ■住所/金沢市上近江町50番地
    ■営業時間/9:00〜17:30
    ■駐車場/観光バス駐車場、近江町市場駐車場、
         近江町パーキング
    ■問い合わせ/076-231-1462
           (近江町市場商店街振興組合)

    旬の食材がところ狭しと並ぶ
    街並みの文化財『ひがし茶屋街』』

    国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている「街並みの文化財」。今でもキムスコ(木虫籠)と呼ばれる美しい出格子が昔の面影をとどめている。日が落ち明かりが灯る頃ともなれば、今でも軒灯がともる茶屋から三味線や太鼓の音がこぼれてくる。

    ■住所/金沢市東山
    ■駐車場/市営観光駐車場有
    ■問い合わせ/076-232-5555  (金沢市観光協会)

    昔の面影を今に伝える

    1日目

    モデルコース2 予算:約36,000円

    噴水くぐりや屋形船でのクルーズも片山津温泉のシンボル『片山津 柴山潟』

    柴山潟のほぼ中心にあり、高さ70mの水の華を咲かせる日本有数規模の巨大噴水。1日に15回豪快な水しぶきをあげ、夜には浮御堂とともにライトアップされて幻想的な光のペーシェントを映しだす。噴水くぐりや屋形船でのクルーズなどアクティビティも充実!

    ■住所/加賀市片山津温泉
    ■駐車場/有
    ■問い合わせ/0761-74-1123

    噴水くぐり、または屋形船
    毎日男女が入れ替わる「潟の湯」「森の湯」白山連峰を望む『加賀片山津温泉 街湯』

    雄大な白山連峰を望み、柴山潟の湖畔にたたずむガラス張りの温泉施設。中には、「潟の湯」・「森の湯」2つの浴室、「まちカフェ」があり、2階のオープンテラスからは夏の華やかな花火大会や、四季折々の自然景観を楽しむこともできる。

    ■住所/加賀市片山津温泉乙65番地2
    ■時間/6:00〜22:00
    ■駐車場/50台
    ■問い合わせ/0761-74-0550

    温玉アイス・六法焼き

    加賀温泉郷屈指の規模を誇る『山代温泉』

    2009年に「総湯」、2010年に明治の風情漂う「古総湯」がオープンし、その施設がある「湯の曲輪」を中心に、温泉街が形成されている。温泉情緒あふれる紅殻格子の老舗旅館から、温泉街郊外の近代的なホテルまで個性豊かな宿が19軒ほど立ち並ぶ。

    ■住所/加賀市
    ■問い合わせ/0761-77-1144(山代温泉観光協会)

    2日目

    世界も注目『金沢21世紀美術館』

    丸い円盤形の建物から“まるびぃ”という愛称で地元では親しまれている美術館。「世界の『いま現在』」とともに生きる美術館」というミッションのもと、世界各地、同時代のアーティストを紹介している。オリジナリティ溢れる展示、建物、試みは世界中から注目を集めている。

    ■住所/金沢市広坂1丁目2番1号
    ■時間/交流ゾーン:9:00〜22:00、
        展覧会ゾーン:10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
    ■休み/月曜日(月曜が祝日の場合は、その翌平日)、年末年始
    ■駐車場/322台
    ■問い合わせ/076-220-2800

    自然や空間を使った現代アートを楽しむ!

    金沢名物『ハントンライス』金沢発祥の洋食メニュー。

    日本三名園のひとつ『兼六園』

    前田家の庭園として造られたところで、四季折々の風景が美しい金沢を代表する観光名所。お堀通りをはさんだ北側には、今も藩政時代の門が残る金沢城公園がある。当時のままに石川門と三十間長屋が建ち、五十間長屋や菱櫓などが復元されている。

    ■住所/金沢市兼六町1-4
    ■時間/7:00〜18:00(閉園、時期により異なる)
    ■休み/無休
    ■駐車場/駐車場あり、県営兼六駐車場を利用
    ■問い合わせ/076-234-3800

    偕楽園、後楽園と並ぶ天下の名園
    茶の湯文化の町で『和菓子手作り体験』

    茶の湯文化の町・金沢で生まれた繊細で愛らしい和菓子。石川県観光物産館3階の体験ホールでは、金沢の老舗和菓子の職人の指導のもと四季折々の上生菓子の手作りが体験できる。自分でつくった3個と、職人が作った1個の計4個を持ち帰りできる。

    ■住所/金沢市兼六町2-20 ■開催/土日・祝日
    ■時間/10:00〜18:00
    ■体験時間/約30分〜40分程度
    ■駐車場/「兼六駐車場」(普通車554台・バス66台)
    ■問い合わせ/076-222-7788

    偕楽園、後楽園と並ぶ天下の名園



    ※平成25年11月時点の情報です