萩反射炉

反射炉は鉄を溶解させる装置で、日本に現存するのは萩反射炉と韮山反射炉(静岡県)のみ。
萩反射炉は幕末の安政3年(1856)に萩藩が佐賀藩の反射炉のスケッチを元に試作的に建設されたものとされる。
試行錯誤しながら日本が近代化に踏み出した当時の歴史を物語る。

【住所】 山口県萩市椿東4897-7
【電話】 0838-25-1750 (萩市観光協会)
【お休み】 無休
【料金】 無料
【アクセス】 東萩駅から萩循環まぁーるバス 「萩しーまーと」下車、徒歩5分

詳細はこちら

萩反射炉(写真)