三池炭鉱宮原坑

三井三池炭鉱のひとつで国内最大規模の竪坑跡。明治30年(1897年)から35年(1902年)にかけて作られた第一竪坑と、明治31年(1898年)から41年(1908年)にかけて作られた第二竪坑とから成る。昭和26年に採炭効率が低下したために採炭を中止し、第一竪坑などを解体したが、第二竪坑は揚水や坑内管理のため、平成9年まで施設が維持されていた。現在も第二竪坑・ヤグラ、山ノ神祭祀施設など多くが保存され、当時の優れた炭鉱の技術を伝えている。平成10年に国の重要文化財に指定された。ユネスコ認定の世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」にも含まれる。

詳細はこちら

三池炭鉱万田坑(写真)
三池炭鉱万田坑(写真)