端島炭坑

海の要塞を思わせる外観が、戦艦「土佐」に似ていたことから軍艦島と呼ばれるようになった端島。石炭の島として一時代を築いた後、その枯渇により1974年1月に閉山。最盛期には5000人以上が住んでいたが、同年4月に無人島となりビル群は廃虚、荒れ果てたままの状態となっている。現在、軍艦島クルーズや上陸コース(予約必要)などがあり、見学することができる。※出港時間、所要時間などについては船会社により異なる 。

詳細はこちら

端島炭坑(写真)