グローバルナビゲーションをとばして本文へ
ここからが本文です。

駅でのサービス

こども110番の駅 Safety Station for Children
「こども110番の駅」について 実施駅 トップへ
「こども100番の駅」について
「こども110番の駅」では、不審者(犯人)から逃れるために逃げ込んできたこどもの安全を確保します。また、犯罪発生時のみでなく、日頃から安全への配慮を心がけ、安全な地域づくりに貢献するとともに、こどもにとって楽しく、フレンドリーな駅づくりを目指します。
「こども110番の駅」のステッカーを見て、こどもが駅に助けを求めにきた場合、こどもを保護し、こどもに代わって110番通報を行うなどの対応をとります。
 
1. こどもたちが避難しやすい環境づくり
(1) こどもたちとのコミュニケーションを大切にします。
登下校などでこどもの姿を見かけたら、「おはよう、こんにちは」などと、声をかけるように努めます。
(2) ステッカーを適切な位置に掲出します。
駅事務所や改札口など、こどもの目から気づきやすい位置にステッカーを掲出します。
 
 
2. こどもが避難してきた場合
(1) 安全確保
こどもを事務所内に入れ、入り口の扉を閉め、安全を確保します。
(2) 安心させる
こどもを落ち着かせて、やさしい応対で接します。
「大丈夫だから落ち着いて」「どうしたの?」などとやさしく声をかけて、駆け込んできたこどもを落ち着かせます。
(3) 状況確認
丁寧に何が起きたのかを聞きます。
どうしてこどもが避難してきたのかを、じっくり聞いて確認します。
知らない人に声をかけられたり、つきまとわれたのか。
痴漢の被害に遭ったのか。
体調が悪かったのか。
トイレを借りたいのか。
こどもの状況にあわせて対応します。
こどもの興奮がおさまらないときは、親になった気持ちでやさしく接します。
 
 
3. 事件の疑いがある場合
(1) 以下のような事件の疑いがある場合には、すぐに110番通報を行います。
知らない人に声をかけられたり、つきまとわれた。
痴漢の被害に遭った。
車に乗せられそうになった。
  など
(2) 警察が到着するまで、こどもを待機させます。
 
 
4. 事件の疑いがない場合
(1) 思いやりをもってこどもに接します。
(2) 状況を判断し、対応します。
状況によって、以下の行動をとります。
一時的な場所の提供
保護者、学校などへの連絡
救急車の手配
  など
助けを求めにきたこどものことや、その内容をむやみに他人に話しません。
こどもの心理状況やプライバシーに配慮して対応します。
「こども110番の駅」は危険を冒してまで、不審者(犯人)を追跡したり、取り押さえたりするなどの対応は行いません。