ここからが本文です。

列車でのサービス

小さなお子様連れのお客様へのサービス
 「小さなこどもを連れて列車の旅はちょっと・・・。」というお客様に、快適に列車をご利用いただけるサービスをご案内いたします。


新幹線の車内サービス
多目的室について
山陽・北陸新幹線では、全ての列車に「多目的室」を設置しております。「多目的室」のご利用はお体の不自由なお客様が優先となりますが、お体の不自由なお客様のご利用がない場合には、授乳や着替え、お客様の体調の思わしくないときなどにご利用いただけます。ご希望の方は乗務員までお申し付けください。

なお、多目的室の設置号車は以下のとおりです。
編 成 設置号車
16両編成 のぞみ、ひかり、こだま 11号車
8両編成 みずほ、さくら、ひかり、ひかりレールスター、
こだま
7号車
12両編成 かがやき、はくたか、つるぎ、あさま 7号車
※先約などによりご利用いただけない場合もございます。
※編成は変更する場合がございます。
 
おむつ交換台について
山陽新幹線には、洋式タイプのお手洗いに「おむつ交換台」を設置しています(一部を除く)。なお、お手洗いは奇数号車の東京よりに1両おきに設けています。
北陸新幹線には、洋式タイプのお手洗いに「ベビーベット」を設置しています。なお、お手洗いは奇数号車の金沢よりおよび12号車の東京よりに設けています。
おむつ交換台
500系こだま号お子様向けの運転台について
山陽新幹線(新大阪〜博多間)内を走る500系こだま号(8両編成)の8号車自由席車内に、お子様に楽しんでいただける運転台を設置しています。
この運転台は、500系新幹線の運転台をお子様向けにアレンジしたもので、走行中の車内でハンドル操作を行うことにより、実際に新幹線を運転しているような臨場感を味わうことができます。
ご家族やグループで、500系こだま号でのご旅行をぜひお楽しみください。
» 500系こだま号お子様向けの運転台
500系こだま号お子様向けの運転台について
在来線の車内サービス
その他の特急列車について
在来線の特急列車では、大阪〜北陸方面の「サンダーバード」や京都・大阪〜南紀方面の「くろしお」、京都・大阪〜北近畿方面の「こうのとり」「きのさき」と一部の「はしだて」「まいづる」、名古屋〜北陸方面の「しらさぎ」にも、多目的室やおむつ交換台を設置しています。
なお寝台列車では、東京〜高松・出雲方面のサンライズ瀬戸・出雲に、空間を独占できる「個室寝台車」を設けていますので、周囲の方々に気兼ねなくご家族やグループでゆったりとご利用いただけます。


ページトップへ