ここからが本文です。

きっぷのルール

2. 乗車券

このページの情報は7月19日発売の『JR時刻表』のデータを元に編集しています。

乗車券の有効期間

営業キロが100キロメートルまでの場合と大都市近郊区間内のみをご利用になる場合の乗車券は発売当日のみ有効ですが、101キロメートル以上の乗車券の有効期間は次のとおりです。

200キロメートルまで 2日
400キロメートルまで 3日
600キロメートルまで 4日
800キロメートルまで 5日
1000キロメートルまで 6日

1001キロメートル以上は200キロメートルごとに1日を加えます。

有効期間早わかり方程式
Aキロメートル割る÷200キロメートルプラス+1日イコール=有効期間(小数点以下切り上げ)

往復乗車券の有効期間は、片道乗車券の2倍です(博多から新下関間にかかわる往復乗車券の有効期間は、「ゆき」「かえり」それぞれの合計です)。

乗車中に有効期間を経過した場合は、途中下車をしない限り券面に表示された最終駅まで使用できます。

ページトップへ

おとなとこども

「おとな」「こども」の区分は次のとおりです。

おとな 12歳以上(12歳でも小学生は「こども」です)
こども 6歳以上12歳未満(6歳でも小学校入学前は「幼児」です)
幼児 1歳以上6歳未満
乳児 1歳未満

こどもの運賃・料金

  • 「こども」の乗車券、特急券、急行券、指定席券は「おとな」の半額です(5円のは数は切り捨てます)。ただし、半額とならない場合があります。
  • グリーン券・グランクラス、寝台券、乗車整理券、ライナー券は「おとな」と同額です。
  • 「おとな」1人と「こども」1人で、または「こども」2人で1つの寝台がご利用になれます。詳しくは、「寝台券」をご覧ください。

「幼児」、「乳児」の運賃・料金

「幼児」、「乳児」は無料ですが、次の場合は「こども」の運賃・料金が必要です。

  • (1)「おとな」または「こども」1人に同伴される「幼児」の人数が2人を超える場合(3人目から「こども」の運賃・料金が必要です)。
  • (2)「幼児」「乳児」が1人で指定席、グリーン席(自由席グリーン車を除く)、寝台等を利用する場合。
  • (3)「幼児」が単独で旅行する場合。

ページトップへ

途中下車

「途中下車」とは、旅行途中(乗車券の区間内)の駅でいったん改札口の外に出ることをいいます。次の例外を除き、乗車券は、後戻りしない限り何回でも途中下車することができます。

下記のきっぷでは途中下車できません。

  • 片道の営業キロが100キロメートルまでの普通乗車券
  • 大都市近郊区間内のみをご利用の場合の普通乗車券
  • 回数券
  • 一部のトクトクきっぷ
  • 特急券、急行券、グリーン券、寝台券、指定席券、乗車整理券、ライナー券

特定の都区市内発着となる乗車券は、それぞれ同じゾーンの駅では途中下車できません。山手線内発着となる乗車券も同じです。

例「東京都区内から大阪市内」の乗車券は、次のようなお取扱いとなります。

東京都区内の駅での下車
下車駅から先の区間については無効となります。
ただし、乗車駅から下車駅までの運賃を別にお支払いいただいた場合は再びご利用になれます。
川崎から吹田間の駅で下車
もどらない限り何回でも途中下車できます。
大阪市内の駅で下車
旅行終了として乗車券はいただきます。
ただし、大阪と北新地とを当日中に徒歩連絡する場合に限って大阪または北新地での途中出場ができます
(大阪市内のその他の駅では途中出場はできません)。

「神戸市内」発着の場合の特例

東海道・山陽新幹線をご利用の場合に限って、三ノ宮、元町、神戸、新長田または新神戸の各駅では新幹線と在来線を 乗り継ぐための途中出場ができます(ただし、当日中の乗り継ぎに限ります)。

ページトップへ

割引乗車券

往復割引乗車券

往復乗車券をご利用になる場合に、片道の営業キロが601キロメートル以上あれば、「ゆき」、「かえり」の運賃がそれぞれ1割引になります。

例東京から岡山間を往復する場合の運賃

東京から岡山間は片道601キロメートル以上ありますから往復割引の対象となります。「ゆき」、「かえり」とも732.9キロメートルで、切り上げて733キロメートルとします。これを721から760キロメートルの欄にあてはめると運賃は10,480円で、1割引すると9,432円。は数は切り捨てて9,430円になります。9,430円プラス+9,430円イコール=18,860円が往復割引運賃です。

乗車区間に新下関から博多間を含む場合の往復割引乗車券の特例

例東京から博多間をゆき新幹線、かえり在来線を利用して往復する場合の運賃

利用区間に新下関から博多間を含む場合は、新幹線と在来線とでは運賃が異なります。この例の場合の運賃計算は次のとおりです。ゆきは新幹線利用で本州内幹線の運賃を適用し、運賃計算キロは1179.3キロメートルで13,820円。片道1割引で12,430円。かえりは在来線利用で博多から東京間の運賃計算キロは1179.3キロメートルで「本州3社内の幹線の普通運賃表」を適用した13,820円にJR九州利用分(博多から下関間79キロメートル)の加算額150円を加え、13,970円。片道1割引で12,570円になります。往復割引運賃は12,430円プラス+12,570円イコール=25,000円です。

ページトップへ

学生割引乗車券

JRから指定を受けた中学・高校・大学・専修・各種学校の学生・生徒の方で、ご利用区間の片道の営業キロが101キロメートル以上ある場合、運賃が2割引になります(往復割引乗車券についても学生割引が適用になります)。

乗車券などをお求めの場合は、学校が発行する「学生・生徒旅客運賃割引証」を窓口へお出しください。

10円未満のは数は切り捨てます。

ページトップへ

団体割引乗車券

団体の種類

8人以上のお客さまが同じ行程をご一緒に旅行される場合に割引となるもので、次の種類があります。

  • (ア)普通団体:一般のお客さま
  • (イ)学生団体:指定学校の学生・生徒・児童・園児8人以上がその学校の教職員に引率されて旅行する場合
    学校長の証明する団体旅行申込書が必要です。
団体運賃の計算

1人分の割引運賃(10円未満のは数は切り捨て)に人数を乗じて計算します。

(ア)普通団体

1月11日から2月末日、6月、9月、11月1日から12月20日の場合:15%引
1月1日から10日、3月1日から5月31日、7月1日から8月31日、10月、12月21日から31日の場合:10%引

31人から50人の普通団体は1人分が、また51人以上では50人増すごとに1人分の運賃・料金が無料になります。

人数 無料扱人数
31人から50人 1人分
51人から100人 2人分
101人から150人 3人分
151人から200人 4人分

列車を団体専用としてご利用になる場合は、団体運賃の計算が異なります。

(イ)学生団体(団体専用列車利用の場合を除く)
  • 中学生以上:50%引
  • 小学生以下:30%引
  • 教職員、付添人(小学校低学年などの団体):30%引
お申込み期間

団体のお申込み期間は次の通りです。なお、列車により団体利用のご希望に添えない場合があります。

通常の列車の場合
出発日の9カ月前から14日前まで。
お座敷列車など団体専用の場合
出発日の9カ月前から2カ月前まで。
受付窓口

JRの駅・旅行センターと旅行会社などでお受けします。

ページトップへ

回数乗車券

種類 普通回数券
区間 200キロメートル以内の区間(乗車区間の両端の駅で発売)
ねだん 運賃10枚分の金額
  • 1枚ずつ切り離してご利用になれます。
  • 途中下車、乗車区間の変更はできません。
  • おとなの回数券1枚でこども2人までご利用になれます。
  • いずれも11枚つづり、3カ月間有効。

ページトップへ

乗車区間が1周を超える場合または乗車区間が重なる場合の運賃

乗車区間が1周してさらに超える場合、または、乗車区間の一部が重なる場合は、営業キロ、換算キロまたは運賃計算キロは1周となる駅または重なる駅で打ち切って計算します。このような場合は片道乗車券ではなく連続乗車券となります。この場合の有効期間はそれぞれの区間の営業キロに応じた有効期間を合算したものとなります。

例1乗車区間が1周してさらに越える場合

名古屋から東海道線で国府津に向かい御殿場線で御殿場を経由して沼津に行き、沼津から再び東海道線を経由して名古屋に戻る経路の場合

  • a.名古屋から国府津、御殿場、沼津間(幹線)の営業キロは348.5キロメートル。は数は切り上げて349キロメートルとします。これで「A表 本州3社内の幹線の普通運賃表」341から360キロメートルの欄をご覧ください。運賃は5,940円です。
  • b.沼津から名古屋間(幹線)の営業キロは239.8キロメートル。は数は切り上げて240キロメートルとします。これで「A表 本州3社内の幹線の普通運賃表」221から240キロメートルの欄をご覧ください。運賃は4,000円です。全区間の運賃はaとbを合計して9,940円になります。

例2乗車区間の一部が往復となる場合

A駅からD駅に向かう場合で、途中のB駅から一旦、分岐する路線でC駅まで行き、C駅から再びB駅に戻り、B駅からD駅に向かう経路の場合。

A駅からB駅を経由していったんC駅まで旅行し、さらにC駅からB駅を経由してD駅まで旅行する場合、A駅、B駅、C駅を通る区間のキロメートル数(イ)で算出した金額とC駅、B駅、D駅を通る区間のキロメートル数(ロ)で算出した金額を合計して計算することができます。また、A駅、B駅、D駅を通る区間までの乗車券とB駅からC駅間の往復の乗車券を別々に購入することもできます。

ページトップへ

運賃が異なる3社間を利用する場合

例熊本から新幹線を利用して岡山経由で高松までご利用になる場合の普通運賃

熊本から高松間の運賃計算キロが636.6キロメートル。は数を切り上げて637キロメートルとし、「A表 本州3社内の幹線の普通運賃表」にあてはめると9,610円。これにJR九州内の加算額(熊本から博多間の営業キロ118.4キロメートル)190円とJR四国内の加算額(児島から高松間の営業キロ44.0キロメートル)190円(加算運賃を含みます)を加えて9,990円になります。

岩国から櫛ヶ浜駅間は岩徳線の換算キロを使用します。

ページトップへ

運賃計算の特例へ