1. トップページ
  2. 鉄道のご案内
  3. きっぷ・定期
  4. きっぷのルール
  5. きっぷの変更・払いもどし
  6. 事故などの場合の取扱い

事故などの場合の取扱い

このページの情報は1月25日発売の「JR時刻表」のデータを元に編集しています。

事故などにより列車が運転できない場合や列車が遅れた場合については、JRの運送約款である旅客営業規則に定める条件及び内容に限ってお取扱いをし、その他のお取扱いはいたしません。旅客営業規則に定める主なお取扱いは次のとおりです。

列車が運転できない場合

きっぷをお求めになる前

列車が運転できない区間を発着または通過となるきっぷの発売を中止します。ただし、バスなど他の方法で連絡できるようになった場合や他の経路をう回して運転する場合、その区間は開通したものとしてきっぷを発売することがあります。

すでにきっぷをお持ちの場合

  • 旅行をとりやめる場合は、運賃・料金の全額をお返しします。また、旅行の途中でとりやめる場合は、お乗りにならない区間の運賃はお返しします。その場合、運転をとりやめた列車の特急・急行料金などは全額お返しします。
  • 乗車中の特急列車が目的地までの途中駅で運転をとりやめた場合は、後続の特急・急行列車(運転をとりやめた列車が急行列車の場合は急行列車)にご乗車になれます。この場合、運転をとりやめた列車の特急・急行料金は全額お返しします。ただし、品川から東京間(東海道新幹線を含む)、大阪から新大阪間及び東北、上越、北陸新幹線の大宮から上野・東京間または上野から東京間のみ運転をとりやめた場合は、特急・急行料金の差額のみのお返しとなります。寝台料金は、使用開始後朝6時までの間に一部区間または全区間をご利用いただけなかった場合に限り、全額お返しします。
  • そのほか出発駅へ無料でお戻りになることもできます。この場合は、運賃・料金の全額をお返しします。
  • 定期券、回数券については、5日以上連続して不通の場合に限って有効期間の延長や払いもどしをいたします。
  • トクトクきっぷについては、商品によって払いもどしなどのお取扱いが異なりますので、係員におたずねください。

列車が遅れた場合

  • 特急・急行列車が、到着時刻より2時間以上遅れた場合は、特急・急行料金の全額をお返しします。
  • 列車が遅れたことによって、乗り換え列車に接続しなかったため、お約束の到着時刻より2時間以上遅れる場合で、途中で旅行をとりやめるときや出発した駅までお戻りになるときのお取扱いは列車が運転できない場合と同様です。
  • 特急・急行列車がご利用になれるトクトクきっぷについては、商品によって払いもどしのお取扱いが異なりますので、係員におたずねください。