閉じる

トクトクきっぷのきまり

特別企画乗車券の取り扱い方

1.特別企画乗車券とは

特別企画乗車券(以下「トクトクきっぷ」といいます。)とは、当社が特別の運送条件(区間、経路、列車、設備、発売期間、設定期間、発売箇所)を定めて発売する、普通乗車券、回数乗車券、急行券、特別車両券、寝台券、コンパートメント券および座席指定券をいいます。
なお、ご利用にあたっては、個別の商品毎にさまざまな制限事項がありますのでご注意ください。

2.トクトクきっぷに関するきまり

  • トクトクきっぷの発売条件・効力などについては、個別の商品毎に定めています。
  • 個別の商品毎に定められていない取り扱いについては、この「特別企画乗車券の取り扱い方」に基づき取り扱うものとします。
  • この「特別企画乗車券の取り扱い方」に定められていない取り扱いについては、旅客営業規則などの一般の規定に基づき取り扱うものとします。
  • 個別の商品毎に定めた取り扱いと、この「特別企画乗車券の取り扱い方」の定めが異なる場合には、個別の商品毎に定めた取り扱いに基づき取り扱うものとします。

3.用語の説明

この通達における主な用語の意義は、次のとおりとします。

用語 意義
きっぷのタイプ 利用形態による区分 回数券タイプ 同一区間の片道(逆方向を含む)に有効な券片が複数枚セットになっているトクトクきっぷをいいます。
片道タイプ 発地から着地までを片道1回に限り乗車できるトクトクきっぷをいいます。
往復タイプ 「ゆき」「かえり」の2券片からなるトクトクきっぷをいいます(「ゆき」と「かえり」の券片の経由が異なる場合を含みます)。
なお、「かえり」券片の一部がフリー区間(乗車経路および乗車回数を制限しない区間)となっているトクトクきっぷを「往復+フリータイプ」と呼ぶことがあります。
また、往復タイプのうち、特に定める食事券などとのセット発売を条件とし、かつ利用列車を限定したトクトクきっぷを「駅プランタイプ」と呼ぶことがあります。
フリータイプ 利用区間の全部がフリー区間であるトクトクきっぷをいいます。
利用列車による区分 指定席タイプ 指定席を利用できるトクトクきっぷをいいます。
自由席タイプ 自由席を利用できるトクトクきっぷをいいます。
きっぷの概要 利用制限期間 そのトクトクきっぷのご利用期間中であっても、ご利用いただけない期間をいいます。
発売箇所 そのトクトクきっぷを発売している全ての箇所をいいます。
発行箇所 発売箇所のうち、そのトクトクきっぷをお求めになった箇所をいいます。
同一行程 複数のお客様が同一区間を同一列車で旅行することをいいます。
内方乗車 券面区間内の途中駅(発駅および着駅以外の駅)から使用を開始することをいいます。
乗車変更 券種間変更 名称および設定区間が同じトクトクきっぷにおける券種の変更
(例:グリーン車用から普通車指定席用など)をいいます。
利用区間の変更 名称が同じトクトクきっぷにおける利用区間の変更(例:大阪市内発から神戸市内発や東京都区内着から横浜市内着など)をいいます。
他の乗車券類への変更 そのトクトクきっぷ以外の乗車券類(別のトクトクきっぷを含みます。)への変更をいいます。
別途乗車 すでに結んでいる運送契約とは別に、新たな運送契約を結ぶことをいいます。
払いもどし 使用開始 そのトクトクきっぷによって、最初に駅において改札を受けて入場すること(ただし、駅員無配置駅においてはご乗車になること。)をいいます。
なお、有効期間が経過した場合、そのトクトクきっぷは使用を開始したものとして取り扱います。また、回数券タイプおよびフリータイプにおいて、座席の指定を受け、指定列車の出発時刻までに取り消しを行わなかった場合も同様に、使用を開始したものとして取り扱います。
無割引の運賃 そのトクトクきっぷの設定区間に対する所定の運賃をいいます。このとき、そのトクトクきっぷの発着駅の表示や経由が複数ある場合は、実際にご利用された発着駅や経由によって計算します。
なお、往復割引が適用となる場合には、往復割引を適用した運賃とします。
無割引の料金 そのトクトクきっぷの設定区間に対する繁忙期、通常期、閑散期に応じた乗車日基準による所定の料金をいいます。このとき、そのトクトクきっぷの発着駅の表示や経由が複数ある場合は、実際にご利用された発着駅や経由によって計算します。また、指定券発行券片については、指定券の交付を受けたまたは実際にご利用になった列車および設備によって計算します。
なお、乗継割引が適用となる場合には、乗継割引を適用した料金とします。
特定額 運行不能および遅延などによる払いもどしを行う場合の、特定の払いもどし額をいいます。

4.きっぷの概要

(1)発売箇所

個別の商品毎に定めます。

(2)発売期間

個別の商品毎に定めます。なお、発売期間中であれば、有効期間開始日の1箇月前から発売します。ただし、回数券タイプについては前売りの取り扱いはいたしません(ただし、利用制限期間中にお求めになる場合は、利用制限期間直後の日付から有効開始となる回数券を発売します)。

(3)利用期間
有効期間

個別の商品毎に定めます。ただし、利用期間内であっても、利用制限期間がある場合はその期間はご利用になれません。この場合、回数券タイプについてはその利用制限期間の終了後、またがった日数分有効期間を延長します。

(4)利用列車
設定区間
経由
発売額 など

個別の商品毎に定めます。なお、駅プランタイプの発売額は、セット発売する食事券などとの合計額となります。

5.発売条件

(1)発売単位

  • 回数券タイプは、個別の商品毎に定める枚数を1冊単位として発売します。
  • 往復タイプは、「ゆき」券と「かえり」券をセットで発売します。
  • 駅プランタイプは、個別の商品毎に定める食事券などとセットで発売します。

(2)他の割引との重複適用

  • 各種割引証による割引の取り扱いはいたしません。
  • 乗継割引の適用はいたしません。

6.きっぷの効力

(1)券片の使用方

  • 券片に表示された方向および区間にしたがって使用する場合に限り有効です。ただし、回数券タイプは設定区間のどちらの方向からでもご利用できますが、いったん使用を開始した後、逆方向に乗車することはできません。
  • 回数券タイプ(指定席タイプおよび料金券部分のみのトクトクきっぷを除きます。)は、「おとな用」1枚で、こども2人が同時に使用できます。
  • 往復タイプの「ゆき」券は、「かえり」券を伴っている場合に限り有効です。また、往復+フリータイプについては、フリー区間内は乗り降り自由です。
  • 駅プランタイプの「ゆき」券は、セット発売した食事券などおよび「かえり」券を伴っている場合に限り有効です。

(2)継続乗車の扱い

有効期間の最終日に乗車する列車が翌日にまたがる場合は、その列車の終着駅まで乗車できます。この場合、運賃は出場しない限り、料金は当該列車から降車しない限りにおいて、券面に表示されたそれぞれの着駅まで使用することができます。なお、電車特定区間においては終列車まで利用できます。ただし、途中下車が可能なトクトクきっぷであっても途中下車はできません。

(3)トクトクきっぷの発着地が特定都区市内であるときの扱い

  • 発着地の特定都区市内間相互で特急列車などに乗車する場合は、別に特急券などの該当する料金券が必要です。
  • 発着地が大阪市内であるとき、大阪・北新地間を乗り継ぐ場合は、大阪又は北新地で途中出場ができます。また、発着地が神戸市内であるとき、新神戸・三ノ宮間、新神戸・元町間、新神戸・神戸間又は新神戸・新長田間を乗り継ぐ場合は、新神戸、三ノ宮、元町、神戸又は新長田で、途中出場ができます。ただし、途中出場した当日に乗り継ぐ場合に限ります。

(4)新幹線についての扱い

「のぞみ号」「みずほ号」が利用できるトクトクきっぷについては、「のぞみ号」「みずほ号」のほか、「ひかり号」「さくら号」などに乗車できます。ただし、「ひかり号」「さくら号」などに乗車された場合でも「のぞみ号」「みずほ号」との特急料金の差額の払いもどしはいたしません。

(5)特急・急行列車の乗継利用

  • 新幹線が利用できるトクトクきっぷについては、新幹線の改札を出なければ、新幹線利用区間は列車の乗継利用ができます。
  • 在来線が利用できるトクトクきっぷについては、特急・急行列車の利用は1個列車に限ります。

(6)乗車整理券が必要な列車への乗車

乗車整理券が必要な列車に乗車する場合は、別にその列車に有効な乗車整理券が必要です。

(7)途中下車の取り扱い

フリー区間を除き、設定区間の途中駅で下車された場合、前途の区間は無効となります。なお、利用可能経路上から離脱した場合は、離脱駅で前途無効となります。

(8)内方乗車の取り扱い

券面区間内の途中駅から使用を開始した場合、お乗りにならなかった区間に対する払いもどしは行いません。

7.乗車変更の取り扱い

(1)使用開始前の取り扱い

  • 有効期間開始日の変更は、回数券タイプを除き、申し出のあった時点において取り扱いできる範囲内で1回に限り変更できます。
  • 券種間および利用区間の変更は、回数券タイプを除き、取り扱いできる範囲内であれば、1回に限り変更できます。
  • 指定列車の変更は、1回に限り、有効期間内に出発する他の列車への変更ができます。ただし、回数券タイプ・フリータイプについては、変更の回数に制限はありません。(指定列車の出発時刻以前で、かつその時点で発売可能な列車への変更に限ります。)
  • なお、他の乗車券類への変更はいたしません。いったん払いもどしのうえ、あらためてご希望のきっぷをお求めください。

(2)使用開始後の取り扱い

  • 乗り越し、方向変更、経路変更などの区間変更の取り扱いはできません。別途乗車として取り扱います。
  • 車内における設備の変更で、自由席タイプは、自由席と指定席との差額をお支払いいただき、普通車指定席への変更ができます。また、指定席タイプ(普通車用)および自由席タイプは、所定のグリーン料金をお支払いいただき、グリーン車(個室は除く。)への変更ができます。(料金券のみのトクトクきっぷ、および駅プランタイプについてはこの取り扱いはいたしません。また、乗車後車内に余席があり、運輸上支障がない場合に限ります。)

8.払いもどし

(1)使用開始前の払いもどし

1.回数券タイプ
全券片(表紙券含む)未使用で有効期間開始日前または有効期間内(座席の指定を受けた場合は、指定列車の出発時刻までに取り消しを行った場合)に限り、発売額から手数料(1冊あたり220円)を差し引いた額を発売箇所で払いもどします。
2.片道タイプ・往復タイプ
未使用で有効期間開始日前または有効期間内に限り、発売額から次に定める手数料のうち該当するものの合計額を差し引いた額を発売箇所で払いもどします(駅プランタイプは、発売箇所で、セットする食事券などと同時に払いもどす場合に限って取り扱います。このときの食事券などの払いもどし方は個別の商品毎に定めます。)。

【手数料】=(A)+(B)

  • (A)乗車券部分 220円
  • (B)料金券部分(往復タイプは、「ゆき」券・「かえり」券のそれぞれに該当する手数料の合計)
    • 自由席タイプ(券片毎) 220円
    • 指定席タイプのうち指定券未発行券片(券片毎) 330円
    • 指定席タイプのうち指定券発行券片(指定券毎)
      • 出発する日の2日前まで 330円
      • 出発する日の前日から原指定券の出発時刻まで
        無割引の料金 × 30%(ただし、最低330円)
      • 原指定券の出発時刻以降 券片毎の料金券部分全額

指定席タイプで、券片毎の料金券部分が330円に満たない場合の手数料は、その料金券部分全額とします。また、2列車以上を乗り継ぐ券片で、一部指定券未発行の列車がある場合は、当該列車については手数料は不要です。

改札口を出ないで2列車以上を乗り継ぐ場合に1列車とみなして特急料金などを計算する区間において、指定券毎に手数料を算出する際には、1枚の指定券として計算します。

3.フリータイプ
未使用で有効期間開始日前または有効期間内(座席の指定を受けた場合は、指定列車の出発時刻までに取り消しを行った場合)に限り、発売額から個別の商品毎に定める手数料を差し引いた額を発売箇所で払いもどします。

(2)使用開始後の払いもどし

1.回数券タイプ・片道タイプ・フリータイプ
使用を開始された後の払いもどしはいたしません。
2.往復タイプ
  • 「ゆき」券は、使用を開始された後の払いもどしはいたしません。
  • 「かえり」券が未使用で有効期間内に限り、発売額から「ゆき」券の設定区間に対する片道の無割引の運賃・料金および次に定める手数料のうち該当するものの合計額を差し引いた額を発売箇所で払いもどします(駅プランタイプは、発売箇所で、セットする食事券などと同時に払いもどす場合に限り取り扱います。このときの食事券などの払いもどし方は個別の商品毎に定めます。)。ただし、「ゆき」券の設定区間に対する無割引の運賃・料金および手数料の合計額が発売額をこえる場合は、払いもどしをいたしません。

【手数料】=(A)+(B)

  • (A)乗車券部分 220円
  • (B)料金券部分(「かえり」券に該当する手数料の合計)
    • 自由席タイプ(券片毎) 220円
    • 指定席タイプのうち指定券未発行券片(券片毎) 330円
    • 指定席タイプのうち指定券発行券片(指定券毎)
      • 出発する日の2日前まで 330円
      • 出発する日の前日から原指定券の出発時刻まで
        無割引の料金 × 30%(ただし、最低330円)
      • 原指定券の出発時刻以降 券片毎の料金券部分全額

指定席タイプで、券片毎の料金券部分が330円に満たない場合の手数料は、その料金券部分全額とします。また、2列車以上を乗り継ぐ券片で、一部指定券未発行の列車がある場合は、当該列車については手数料は不要です。

改札口を出ないで2列車以上を乗り継ぐ場合に1列車とみなして特急料金などを計算する区間において、指定券毎に手数料を算出する際には、1枚の指定券として計算します。

(3)運行不能および遅延などによる払いもどし

  • 無割引の運賃・料金をお支払いいただいているものとして、旅客営業規則の定めにより、発売額(回数券タイプについては発売額を券片額で割り求めた1枚あたりの額。また、特定額の定めがある場合は、それぞれの特定額。)を限度として、発売箇所または着駅などで払いもどしをいたします(着駅が他社線内となるトクトクきっぷの場合は、発売箇所で払いもどしをいたします)。ただし、フリータイプおよび当社で発売しない他社のトクトクきっぷについてはこの取り扱いはいたしません。
  • 払いもどしの期限は、払いもどしの事由が発生した日の翌日から起算して1年以内です。

9.座席の指定

(1)指定券の交付

  • 指定券などが必要な列車に乗車される場合は、発売箇所において、乗車前に必ず指定券の交付を受けてください。なお、指定席は、有効期間内に限り交付できます。
  • 往復タイプについては、かえりの列車が未定の場合、発着駅において指定券の交付を受けることができます。ただし、駅プランタイプは、お求めの際に「ゆき」券・「かえり」券両方について指定券の交付を受けてください。

(2)指定の取り消し(使用見合わせ)

指定券の交付を受けた後、指定列車の出発時刻前であれば、1回に限って指定の取り消しができます。ただし、回数券タイプおよびフリータイプについては、この取り扱いの回数に制限はありません。

(3)希望列車が満席の場合の取り扱い

1.グリーン車用
グリーン車が満席の場合は、利用できる対象列車の普通車指定席に、またグリーン車・普通車指定席がともに満席の場合は、普通車自由席に乗車できます。 ただし、乗車後車内において空席があり、運輸上支障がないと認められる場合は、グリーン車または普通車指定席に乗車できます。
なお、車内においてグリーン車が満席であった場合は、グリーン料金相当額を払いもどしますので、車内でその旨の証明を受けてください。(グリーン車が連結されていない列車に乗車された場合および駅プランタイプ・フリータイプについては、この取り扱いはいたしません。)
2.普通車用
利用できる対象列車の普通車自由席に乗車できます。ただし、乗車後車内において空席があり、運輸上支障がないと認められる場合は、普通車指定席に乗車できます。なお、車内において普通車指定席に乗車できなかった場合でも、指定席と自由席との差額の払いもどしはいたしません。

(4)座席の指定を受けなかった場合または指定列車の出発時刻以前に他の列車で旅行開始した場合

1.グリーン車用
利用できる対象列車の普通車自由席に乗車できます。ただし、乗車後車内において空席があり、運輸上支障がないと認められる場合は、グリーン車または普通車指定席に乗車できます。
なお、車内においてグリーン車が満席であった場合は、グリーン料金相当額を払いもどしますので、車内でその旨の証明を受けてください。(グリーン車が連結されていない列車に乗車された場合および駅プランタイプ・フリータイプについては、この取り扱いはいたしません。)
2.普通車用
利用できる対象列車の普通車自由席に乗車できます。ただし、乗車後車内において空席があり、運輸上支障がないと認められる場合は、普通車指定席に乗車できます。 なお、車内において普通車指定席に乗車できなかった場合でも、指定席特急または急行料金と自由席特急または急行料金との差額の払いもどしはいたしません。
  • 駅プランタイプにおいて、利用できる対象列車以外の列車に乗車された場合は、乗車区間に対する無割引の運賃・料金を全額いただきます。

(5)指定列車に乗り遅れた場合

  • フリータイプを除き、きっぷの有効期間内は乗車券部分のみ有効となり、特急列車などに乗車する場合は別に特急券など該当する料金券の購入が必要です。ただし、原指定券に表示された乗車日の当日に限って、利用できる対象列車の普通車自由席に乗車できます。なお、回数券タイプは、交付した指定席券と同一の方向に限ります(原指定券に表示された乗車日の翌日以降となる場合は、交付した指定席券の方向にかかわらず両方向ともご利用できます)。なお、指定列車が寝台車の場合はこの取り扱いはいたしません。
  • グリーン車用については、原指定券に表示された乗車日の当日に限って、乗車後車内において空席があり、運輸上支障がないと認められる場合は、利用できる対象列車のグリーン車に乗車できます。
  • 駅プランタイプについては、利用日当日に限って、利用可能列車以外の列車の普通車自由席にも乗車できます。また、普通車指定席用で利用日当日に利用可能列車に乗車した場合に限り、乗車後車内において空席があり運輸上支障がないと認められる場合は、普通車指定席に乗車できます。ただし、新幹線利用可能列車が「ひかり号・さくら号」などの「のぞみ号・みずほ号」以外の列車に限られる場合は、「のぞみ号・みずほ号」の普通車自由席には乗車できません。

(6)同一列車における座席位置の変更の取り扱い

同一日の同一列車、同一区間で、号車または座席を変更し、料金に差が生じない場合は、旅客営業規則などに定める乗車変更としての取り扱いをしないで、旅客サービス上の変更として、取り扱いできる範囲内において回数に制限なく変更できるものとします。

10.きっぷの紛失

(1)対象となるきっぷ

当社で発売するトクトクきっぷおよび他社で発売するトクトクきっぷのうち自社線を含むものを取り扱います。ただし、フリータイプ、周遊きっぷおよび個々の商品毎に定めがある場合については対象となりません。
駅プランのようにトクトクきっぷにセットして発売する食事券や観光施設入場券などのイベント券は、イベント券の基本通達「イベント券の取り扱い方について」によることとします。

(2)再収受の取り扱い方および証明方

旅客営業取り扱基準規程第314条に準じて取り扱い、紛失したトクトクきっぷ(以下「原券」という。)の当該区間における無割引の運賃および料金を収受して再収受証明書(以下「新券」という。)を発行します。再収受証明書の対象はJR線の乗車券類(連絡会社線含む)のみとし、トクトクきっぷに含まれるレンタカー券、宿泊券、観光施設などの入館引換券や食事券およびJR線(連絡会社線含む)以外の交通機関にかかる乗車券類(その引換券を含む)は対象外です。
なお、新券の券面には、原券の名称を記入します。また指定のみ券だけを紛失した場合には、9(5)指定列車に乗り遅れた場合 に準じて取り扱うこととします。ただし、座席の確保が発売条件となっているトクトクきっぷの指定のみ券だけを紛失した場合には、原券の当該区間における無割引の料金を収受します。

(3)払いもどしの取り扱い

1.基本取り扱い
原券が発見されたことによりお客様から払いもどしの申し出があった際には、原券の有効期間において新券が有効であることを確認のうえ、新券1枚につき220円(指定券にあっては330円)の手数料を収受し、新券を払いもどします。
なお、この払いもどしは旅行終了後において発売箇所または着駅などでお客様から原券および新券の提出があった場合に限ります。ただし、お客様からの払いもどしの申し出の日が、新券を発行した日の翌日から起算して1箇年を経過していたときは、新券については払いもどしを行いません。
2.原券と新券との間で効力に差異がある場合の取り扱い
原券と新券との間で効力に差異がある場合は、前項のほか次の(ア)~(オ)に定めるところにより計算します。計算に際して、原券については無割引の運賃および料金を収受しているものとみなします。また、券面区間の発駅より着駅側の駅からの乗車や、旅行中止などで区間が短くなった場合および下位の設備を利用した場合などで原券について過剰額が発生した場合でも過剰額の払いもどしはしません。
  • (ア)新券の着駅が原券の経路上の駅から他方向となっている場合は、原券の着駅または経路上の駅から新券の着駅までの区間は別途乗車したものとして、当該区間の運賃および料金をあわせて収受します。
  • (イ)寝台、個室、グランクラスを利用した場合は、料金券は払いもどしをしません。
  • (ウ)(イ)にかかわらず、原券が、列車・設備を特に限定してもしくは一部列車は乗車できないものとして割引をしているもの(座席の確保が発売条件となっているものなど)であって新券がその限定された利用条件を逸脱している場合、または原券がジパング倶楽部会員に対する割引乗車券類やレール&レンタカーきっぷであって、新券において料金が割引にならない列車・設備を利用している場合は次のとおりです。
    • 原券について料金を無効としている場合
      料金券は払いもどしをしません。
    • 原券について運賃および料金を無効としている場合
      乗車券および料金券は払いもどしをしません。
  • (エ)(イ)(ウ)以外の場合で、新券の設備が原券の設備よりも上位となる場合は、原券と新券との設備相当差額をあわせて収受します。
  • (オ)原券では途中下車できない区間において新券で途中下車していた場合は、「最初の途中下車駅~着駅」間は別途乗車したものとみなします。この場合、運賃については「最初の途中下車駅~着駅」間をあわせて収受します。また、料金について、途中下車した区間ごとに料金を再収受している場合は、最初の区間以外の料金については払いもどしをしません。

11.その他の取り扱い

(1)未使用の取り扱い

フリータイプを除き、乗車区間に対する無割引の運賃・料金を別途お支払いいただき、当該トクトクきっぷに未使用の証明を受けることができます。

(2)割引証、申込書などの取り扱い

トクトクきっぷの発売に際して使用した割引証や申込書など(以下、割引証などという。)の管理については、個人情報の漏洩に十分注意して取り扱うこととします。なお、割引証などに重大な記載誤りがあり、その記載内容を訂正する場合は、旅客営業規則第11条および旅客営業取扱基準規程第17条に基づき、その訂正箇所に、相当の証印を押すものとします。

Copyright(c) WEST JAPAN RAILWAY COMPANY all rights reserved.このサイトに掲載されている情報はJR西日本が提供しております。

ウィンドウを閉じる