大阪と北近畿・山陰エリアを播但線経由で結ぶ特急として昭和47年3月に運転開始。登場時にはキハ80系で、その後長らくキハ181系で運転していました。平成22年11月7日からは安全性の向上や環境に配慮し、どなたでも使いやすく快適な新型車両「キハ189系」での運転となります。

 現在、播但線内を走る唯一の定期特急列車です。

運行区間 大阪~香住・浜坂・鳥取
  • ※この列車に車内販売はございません。

ページの一番上に戻る