高性能の700系からさらなる理想を追求する形で、JR西日本とJR東海の共同で開発しました。

 最新のテクノロジーを搭載し、高速性、快適性、環境性能、省エネルギー化などあらゆる面でグレードアップが図られた、まさに次世代の新幹線です。

 東海道・山陽新幹線の「のぞみ号」として主に運転していますが、一部の「ひかり号」「こだま号」としても運転しています。

» 新幹線のご案内はこちら。


デビュー 平成19年
最高速度 300 km/h
運行区間 博多~東京

ページの一番上に戻る