300系・500系の実績を踏まえ、新幹線電車としては初めてJR西日本とJR東海の共同で開発しました。

 先頭部は空気抵抗や振動、騒音の低減のためエアロストリーム型とし、最高時速を285Km/hとしました。

 現在は「ひかり号」「こだま号」を中心に、一部臨時の「のぞみ号」としても運転しており、電源コンセントがついた座席を用意している車両もあります。

デビュー 平成11年
最高速度 285 km/h
運行区間 博多~東京

ページの一番上に戻る