アオタビ×キャンパスグラフィティ 大学生がつくった夏の鉄道旅プラン! VOL.2 アオタビ×キャンパスグラフィティ 大学生がつくった夏の鉄道旅プラン! VOL.2

アオタビ×キャンパスグラフィティ
大学生がつくった 夏の鉄道旅プラン!

VOL.2
京都大学の男子4人が考えた!
鉄道と自転車で駆け抜ける
「広島・岡山」の青春旅

こう(19)京都大学2年生

ふぉん(20)京都大学2年生

たろう(20)京都大学2年生

ざい(20)京都大学2年生

京都大学のサークル仲間4人が考えた、夏の鉄道旅のテーマは「鉄道と自転車で巡る青春旅」。レンタサイクルで島巡りをしながらサンセットが見たい!という思いから、目指すは、尾道・生口島(いくちじま)。男子旅ならではのアクティビティプランもプラス。そして、2日目は山陽本線で倉敷へ移動して、デニム着物でまち歩き。散策するだけで、風情あり、映えまくりの撮影会に。そんな青春感いっぱいの自撮り写真と共に4人の男子旅、お届けします。

【Day1】
新幹線に乗ったら「旅が始まったんだな」って実感。目指すは生口島のサンセット

■9:57 新幹線→山陽本線→尾道着!

京都発8時9分の「のぞみ1号博多行き」。京都から始まる僕らの旅のスタートだ。新幹線に乗車するあたりからワクワクが止まらない。車内で4人で座っているだけでも旅って感じがする。福山駅から山陽本線に乗り換えて、尾道に到着したときには、すっかり旅気分♪

■10:40 フェリーで風を感じながら生口島へ

フェリーに乗るっていうだけでも楽しいんだけど、レモンの被り物やインスタパネルとかがあって。遊んでいるうちにテンション上がっていきました!海風を感じながら瀬戸田港到着。

◆瀬戸内クルージング
住所
広島県尾道市新浜二丁目13番
アクセス
尾道駅から徒歩約3分。尾道ウォーターフロントビル内
URL
https://s-cruise.jp/cruise/setoda/

■11:30 レモン! レモン! レモン!

瀬戸田港から徒歩約5分、旅の第一目的地の自転車カフェ&バー『汐待亭』に到着。レモン島と言われる生口島。郵便ポストまでレモン色だから驚き。レンタサイクルを借りる前に、無農薬レモンジュースをいただく。これがスッキリした味で本当においしい。黒猫のジジもかわいかったな。「SHIMANAMI LEMON BIKE」をレンタルして、いざ島巡りスタート!

◆自転車カフェ&バー 汐待亭
住所
広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田425
アクセス
尾道駅下車、フェリーで約40分。瀬戸田港から徒歩約5分
URL
https://shiomachitei.jimdofree.com/
◆SHIMANAMI LEMON BIKE
URL
https://www.setouchi-palette.jp/cycling/shimanamilemonbike

■15:00 男子たちの冒険心もくすぐるツーリング

海沿いのサイクリングロードを走り、映えスポット「未来心の丘」、名所の「耕三寺」など、気になるスポットには止まって写真撮影。レモンのオブジェや、景色の良い埠頭、こじんまりとしたビーチ、物語に出てきそうな蔦の道etc…。道は平坦で走りやすいのに、映えスポットが多くてなかなか進まない(笑)。

■17:30 念願のサンセット…写真撮りすぎ&遊びすぎたっ!!

多々羅大橋を望むレモン谷に着いた頃には日が暮れてきた。「ここでも撮ろうぜ」「この構図いいかも!」と撮影が始まるとあっという間にサンセット。程よい疲労感と、夕日のきれいさと、みんなのふざけたポーズ。これぞ青春…と浸っていたら手元の時計は18:30。宿に急行!

■21:00 海の前で花火も楽しむ『WAKKA』の夜

自転車でたどり着いたのは、大三島のスタイリッシュなホテル『WAKKA』。秘密基地みたいなドミトリーに宿泊。遅い時間になってしまったので、夜ご飯は島内の海鮮料理『大三島 お食事処くろしお』に事前予約してテイクアウト。『WAKKA』のテラス席で食べる刺身や唐揚げが美味しかったです。そして、夏といえば…花火!海の前でやる花火は最高すぎた。遅くまで話したりしているうちに、気づけば就寝。

◆大三島 お食事処くろしお
住所
愛媛県今治市上浦町井口3724
アクセス
予讃線今治駅から瀬戸内海交通急行大三島行きバスで約53分。井口港下車、徒歩約7分
URL
https://www.kurosio.jp.net/
◆WAKKA
住所
愛媛県今治市上浦町井口6691-1
アクセス
福山駅から高速バスにて約50分「大三島BS」下車。徒歩約20分
URL
https://wakka.site/access/

【Day2】
2日目はうさぎ島のち山陽本線で倉敷デニムの着物散策へ

■7:30 空気がきれいな朝、うさぎ島探検へ

ちょっと眠かったけど、おいしいモーニングときれいな景色で段々目が覚める。朝食のあとはフェリーに自転車を乗せてうさぎ島こと、大久野島へ。島に着くと、人懐こいうさぎたちがたくさん!餌をあげると近寄ってくる姿にめちゃくちゃ癒されます。島巡りをしていると、『大久野島毒ガス資料館』が。歴史を感じることができました。

※うさぎは繊細な生き物です。ふれあう際には十分注意してください。

◆大久野島毒ガス資料館
住所
広島県竹原市忠海町5491
アクセス
三原駅から呉線で約20分、忠海駅から忠海港へ徒歩で約7分、忠海港から船で約15分
URL
https://www.takeharakankou.jp/spot/4346

■9:30 島イノシシのレザークラフト体験

4人の思い出の品を作りたくて、『WAKKA』のアクティビティ、レザークラフト体験を予約。島イノシシの皮を使ったレザークラフト体験へ。色選びに悩んで2時間くらいかかったけど、お気に入りができました。店主のおじさん、いい人だったなぁ。

■12:20 体に染みるサイダーとコロッケ

この旅の最終目的地、倉敷へ向かうフェリーと電車に乗り遅れないよう、4人で自転車を全力で漕ぐ。「1時間はかかるよ」と言われた道も約40分で完走。俺たち頑張った(笑)!しおまち商店街の名物、『岡哲商店』のコロッケと『瀬戸内案内舎たびたす』で買ったご当地サイダーで乾杯っ。これが、もう、うますぎて沁みすぎて…うわ〜ってしか言えない…。ありがとう、生口島!

◆岡哲商店
住所
広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田517-4
アクセス
尾道駅下車、フェリーで約40分。瀬戸田港から徒歩約5分
◆岡哲商店
住所
尾道市瀬戸田町瀬戸田231-4
アクセス
尾道駅下車、フェリーで約40分。瀬戸田港から徒歩約2分
URL
https://www.tabitasu.net/

■14:30 三原駅経由で倉敷へ!

レモン丼をテイクアウトして移動中に完食。天気の良さと心地よい疲労感、そして電車の揺れでみんな熟睡。移動中、みんなで寝ても大丈夫だから鉄道旅は嬉しい。行きも帰りもお世話になった山陽本線をバックに記念撮影!おっと、ちょっと近すぎた…(笑)。

■17:00 俺たち映えすぎじゃない?

前にも倉敷には来たことがあるけど、今回は男子4人で着物を着るプランにしたから新鮮。『着物浪漫』でデニム着物をセレクト。浴衣風に着付けていただき、4人とも気分が上がる! 京都の古い街並みには慣れているはずだけど、倉敷はまた違う雰囲気。理由の一つは「なまこ壁」と呼ばれる白壁だそう。どこを撮っても映える倉敷。めちゃくちゃいい思い出になりました。

◆着物浪漫 (キモノロマン)
住所
岡山県倉敷市阿知2丁目23-1
アクセス
倉敷駅徒歩約9分
URL
https://kimono-roman.net/

■21:44 のぞみ78号、僕らを京都へ連れて帰ってください

とにかく駆け抜けた1泊2日。最後はおいしいものを食べよう!と、『着物浪漫』の店主さんにおすすめのお店を数件教えてもらった。近くの『庭園 鶯(つた)』が美味しそうだし、リーズナブルで大学生でも行きやすそうだったのでGO!スマホの充電も新幹線までの時間もギリギリだったけど、お腹はいっぱいに。最後くらいは優雅に…と思ったのも束の間。店を出てから駅まで激走した4人でした。1泊2日とは思えないほど笑って、走って、写真を撮って。「この4人で行けてよかった!」って本当に思える青春旅でした。

◆庭園 鶯 倉敷店
住所
岡山県倉敷市阿知2丁目21-25
アクセス
倉敷駅徒歩約10分
URL
https://teienuguishu.owst.jp/

※感染防止対策を徹底したうえで取材を実施しました。
※新型コロナウイルス感染症対策を徹底したうえで、 撮影時等、必要な場合のみマスクを外して撮影しました。