グローバルナビゲーションをとばして本文へ
ここからが本文です。

すでにJ-WEST IDをお持ちの50歳以上の方は「会員ログイン」してください。

特集

富山県以西の漁港にも、冬の味覚の王様、ズワイガニの解禁日がついにやってくる。日本海沿いの漁港では、こぞって自慢のカニが水揚げされる。ズワイガニは、漁港によって呼び名や特徴、味が異なるブランドガニ。冬の日本海で取れる本場のカニの、それぞれの魅力を紹介する。間人ガニ(イメージ)

日本海を舞台に味覚くらべ 越前 VS 間人

越前がにの水揚げ風景(イメージ)

越前がにの水揚げ風景(イメージ)

各漁港が誇る自慢のズワイガニ

 11月6日から3月20日にかけて、待ちに待ったズワイガニの漁が解禁される。しかし一口にズワイガニといってもさまざま。例えば主に山陰地方で水揚げされるズワイガニは松葉ガニ、京都府北部は間人ガニ、福井県では越前がに、石川県では橋立ガニなど、甲羅が硬く身が詰まったズワイガニの雄は水揚げされる漁港で呼び名が全く違うのだ。同じズワイガニといえど、漁場の環境・漁の方法などが異なることから、なんとその味わいにも特徴があるのだとか。カニについているカラフルなタグが、有名漁港で水揚げされたブランドガニの証だ。
 ちなみにズワイガニの雌はセイコガニ、セコガニ、コッペガニなどと呼ばれ、雄とは違った味わいで愛されている。特に濃厚な卵は雌だけが持つ珍味。体内にある卵巣「内子」と、お腹の房にある受精卵「外子」を食べ比べるのも楽しみのひとつだ。

間人ガニのせりの風景(イメージ)

間人ガニのせりの風景(イメージ)

冬の味覚を代表するふたつのブランドガニ

 数あるブランドガニのなかで今回注目したいのが、福井県で水揚げされる「越前がに」と京都府北部で水揚げされる「間人ガニ」だ。越前がには皇室に献上される唯一のカニとして名高く、黄色のタグがその印。福井県では越前がにの水揚げ量トップを誇る越前漁港をはじめ、三国、敦賀、小浜など数多くの港で漁が行われている。海底が段々畑になった漁場は生物にとってすみやすく、カニのエサも豊富。栄養をたっぷりとったカニの甘みは格別だ。
 一方間人ガニは、経ヶ岬の沖合が唯一の漁場。わずか5隻の漁船が日帰りで漁を行っているため水揚げ量が少なく「幻のカニ」と呼ばれていることで有名だ。その分、カニの鮮度は全国屈指で、全国のグルメの間ではズワイガニの高級品として名が通っている。緑のタグはなかなかお目にかかれない一級品の目印だ。
 どちらも身詰まりの良さと深い甘みは甲乙つけがたい逸品だが、一番の食べ方は本場の地へやって来て食べること。現地で食べるカニの鮮度は抜群で、きっと今までにない濃厚な甘みをもっているはずだ。旅館で食すもよし、鮮魚店で買うもよし、冬の味覚の王者に出合う旅へ、いざ出発しよう。

  • 女将に聞く おいしいカニの食し方
  • 漁師に聞く おいしいカニの見分け方

  • メルマガ紹介
  • おとなび簡単ガイド
  • 100万人突破キャンペーン
  • おとなびダイニング