グローバルナビゲーションをとばして本文へ
ここからが本文です。

すでにJ-WEST IDをお持ちの50歳以上の方は「会員ログイン」してください。

特集

  • 大政奉還150年 冬の京都を旅する
  • 新選組ゆかりの壬生寺
  • 「七卿落ち」の舞台・妙法院

「七卿落ち」の舞台・妙法院

都を追われた三条実美ら“七卿”の密議の場”

1863年(文久3)8月18日、事件は起きた

 尊王攘夷派の急先鋒だった長州藩が、武装した薩摩藩と会津藩に阻まれて京都御所への立ち入りを禁じられたのだ。尊王の立場は同じものの公武合体を唱える薩摩藩、長州藩の過激なやり方に不快感を持っていた会津藩と孝明天皇が手を結び、長州藩を“朝敵”と見なして排除にとりかかった「八月十八日の政変」である。なお、この時、警備に当たっていた壬生浪士組はその働きを認められて「新選組」を拝命することとなる。 さて、長州藩を支持していた三条実美ら7人の公家も失脚。妙法院門跡の宸殿に集まって今後の対応を話し合い、そして一旦長州藩に落ち延びて再起を計ろうと決議する。みのかさにぞうり履きという慣れない姿で京都を追われた7人の旅は苦難に満ちたものだったという。これが世に言う「七卿落ち」だ。 病死などにより5人となるが、1867年(慶応3)の王政復古により官位が復旧、念願の京都へ帰還を果たす。明治維新後、実美は新政府の太政大臣・内大臣などを歴任し、政治の中枢を担うまでになった。

妙法院 宸殿

動乱の幕開け「七卿落ち」の舞台を拝観

妙法院門跡は三十三間堂の本坊。門跡とは代々皇室や摂家から住職を迎えた寺院のことで、同寺院は青蓮院、三千院と共に天台三門跡と称された。 今回は七卿ゆかりの宸殿で「七卿落図」が特別展示される。「京の冬の旅」では実に13年ぶりの公開だ。また、国内最大級の桃山期の「庫裏」(国宝)や御所の旧殿を移築したという「大書院」(重文)の狩野派の障壁画、伏見城遺構とされる池泉式庭園など見どころも多数。また、平安時代初期の不動明王像(重文)を祀る護摩堂「内仏殿」や宝物庫「龍華蔵(りゅうげぞう)」なども公開される。

  • 妙法院 「七卿落図」

    妙法院 「七卿落図」

  • 妙法院 大書院(重文)の狩野派の障壁画

    妙法院 大書院(重文)の狩野派の障壁画

京の冬の旅 公開期間:1月7日(土)〜3月18日(土)

金戒光明寺 西翁院、聖護院、知恩院 大方丈・小方丈・方丈庭園、建仁寺 久昌院、西福寺、高台寺、壬生寺 本堂・狂言堂、島原 角屋、妙心寺 大庫裏・経蔵、妙心寺 大雄院、妙心寺 養徳院、東寺 五重塔の特別公開も実施しています。

  • 大政奉還150年 冬の京都を旅する
  • 新選組ゆかりの壬生寺
  • 「七卿落ち」の舞台・妙法院

  • メルマガ紹介
  • おとなび簡単ガイド
  • 100万人突破キャンペーン
  • おとなびダイニング