グローバルナビゲーションをとばして本文へ
ここからが本文です。

すでにJ-WEST IDをお持ちの50歳以上の方は「会員ログイン」してください。

特集

  • “西郷どん”ブームを先取り 西郷隆盛の素顔に迫る
  • 医師からもすすめられ…… “西郷どん”は温泉好き
  • “西郷どん”最期の戦い 悲劇の内戦「西南戦争」

医師からもすすめられ…… “西郷どん”は温泉好き

温泉で過ごしたくつろぎのひととき

 西郷隆盛の体型は、当時の平均身長と比較しても随分と背が高い。しかし、胴回りもなかなかのもの。現代でいえば「メタボ」状態にあり、医師から適度な運動をするようにすすめられたという。
 明治政府を去って時間の余裕が生まれた1874年(明治7)以降、西郷は湯治と狩猟に頻繁に出かけている。ちなみに東京の上野恩賜公園に立つ銅像はその狩りの姿を映したものであり、狩りに伴う犬についても溺愛していたというエピソードが多く残されている。その他、西郷は漢詩もたしなみ、温泉地では生活や情景を主題にした作品を数多く残している。
 そんな西郷が訪れた温泉は、鹿児島県内に数多くあるが、最も頻繁に訪れたのが、霧島市の日当山温泉。記録によると、坂本龍馬が霧島の山手の温泉へ出かけたのと同時期の1866年(慶応2)3月と、戊辰戦争から戻ってきた1868年(明治元)11月、さらに1869年(明治6)2月には、藩主の島津忠義がわざわざ西郷に会いに当地を訪れている。1874年(明治7)12月、1876年(明治6)11月には、地元の名家である龍宝家の屋敷を間借りして滞在したといわれており、その屋敷は現在、別の場所に復元されている。
 また日当山温泉では、西郷隆盛の顔を知らない地元の老婆が、坊主頭の西郷を僧侶と勘違いしたり、魚釣りの際には酢味噌を持参して自分でさばいて食したりした、といったエピソードも残されている。

©K.P.V.B

日当山温泉

泉質は炭酸水素塩温泉。傷や皮膚の乾燥に良いといわれている。美人泉としても知られる。

  • 鹿児島県霧島市隼人町
  • 0995-42-0607(日当山温泉旅館組合)

 1874年(明治7)2月から3月にかけて、西郷が訪れたのは、指宿市の鰻(うなぎ)温泉。現在も湯けむりが立ち込める湖畔の小さな温泉地で、当時から温泉噴気を利用した天然の蒸し窯で食材を調理していたことが文献に残る。この調理場は「スメ」と呼ばれ、西郷も蒸してうま味が凝縮したサツマイモや卵を食べたと考えられている。
 そして、この地には、同じく明治政府で活躍し、同時期に故郷の佐賀に下野した江藤新平が西郷を訪ねてきている。江藤は佐賀において不平士族とともに決起した"佐賀の乱"に敗れ、援軍を求めに来たが、西郷は援軍要請には応じず、会談は物別れに終わった。

©K.P.V.B

鰻温泉

鰻池湖畔のひっそりとした雰囲気が漂う。スメで蒸した野菜や卵は、温泉の隠し味が効いている。

  • 鹿児島県指宿市山川成川
  • 0993-22-2111(指宿市観光課)

 囲碁を打ったと伝わるのが、薩摩川内市の川内高城(せんだいたき)温泉。湯治と狩りも楽しみ、西郷が滞在していた民家には使用した碁盤や碁石も。他には、腰掛石や狩猟に引き連れた犬の墓など、逸話が多く残る温泉地だ。
 県内には、ほかにも有村温泉や、栗野岳温泉、吹上(伊作)温泉、指宿温泉など、激動の時代を駆け抜けた西郷を癒やしたくつろぎの温泉と逸話が数多く点在している。

©K.P.V.B

川内高城温泉

風情たっぷりのレトロな温泉街。泉質はアルカリ性の単純硫黄温泉で、無色透明のトロトロ湯を求め、遠方からも湯治客が訪れる。

  • 鹿児島県薩摩川内市湯田町
  • 0996-25-4700(薩摩川内市観光物産協会)
  • “西郷どん”ブームを先取り 西郷隆盛の素顔に迫る
  • 医師からもすすめられ…… “西郷どん”は温泉好き
  • 西郷どん”最期の戦い 悲劇の内戦「西南戦争」

  • メルマガ紹介
  • おとなび簡単ガイド
  • 100万人突破キャンペーン
  • おとなびダイニング