グローバルナビゲーションをとばして本文へ
ここからが本文です。

すでにJ-WEST IDをお持ちの50歳以上の方は「会員ログイン」してください。

特集

11月6日。今年もいよいよズワイガニの解禁日を迎える。すばらしい景色や温泉とともに、北近畿の各地それぞれの楽しみ方でカニ料理を味わい尽くしたい。

冬の味覚の王者を、身近な雪国・北近畿で

ひと味違う北近畿のカニ料理を

 冬になると、ちょっと贅沢をしてでも食べたくなるズワイガニ。北近畿では “幻のカニ”と呼ばれる「間人ガニ」をはじめ、「津居山かに」「舞鶴かに」など、味や姿が優れた特別なブランドガニも多い。ブランドガニを水揚げする漁港近郊のお宿では、その特徴を生かしたカニ料理が振る舞われている。温泉や景勝地とともに楽しめば、日ごろの疲れも吹き飛ぶ、特別なひとときが過ごせるに違いない。

間人かには刺身で食べてこそ

それぞれに光るカニの強みを生かした料理

 近畿地方最北端の、経ヶ岬灯台からほど近い京丹後市間人。かつて、間人皇后から賜った名を冠する土地で水揚げされるのが、最高級ブランドガニ「間人ガニ」だ。間人漁港に水揚げされるもののうち、大きさや身入り、姿の美しさなどいくつもの基準をクリアしたオスのズワイガニだけが、たいざガニと刻字された緑色のブランドタグをつけることが許されている。間人漁港にはたった5隻ほどの小型船しかなく、積載量が限られるので日帰り操業しか行えないため、希少性が高く市場にはほとんど出回らない。しかし、漁場までの距離はわずか30km。抜群の鮮度を保ったまま、細心の注意を払って料理旅館などに届けられる立地が、おいしさの秘密だ。
 城崎温泉や日和山温泉は、津居山漁港や香住漁港の近郊。豊富な水揚げ量を誇るので、存分にカニを味わうことができるフルコース料理がおすすめだ。特に香住は「かにすき」の発祥地ともいわれている。城崎温泉は7つも外湯があり、浴衣姿で街をそぞろ歩くのも良い。体を芯から温めてくれる温泉とカニ鍋で、冬の寒さを満喫しよう。

香住はかに料理の本場として知られる

  • メルマガ紹介
  • おとなび簡単ガイド
  • 100万人突破キャンペーン
  • CM撮影風景