グローバルナビゲーションをとばして本文へ
ここからが本文です。

すでにJ-WEST IDをお持ちの50歳以上の方は「会員ログイン」してください。

特集

日本列島に暖かい風が吹き込む3月下旬、いよいよ桜のシーズンが到来する。全国津々浦々、個性豊かな桜を求めて春爛漫の絶景ツアーに出かけよう。

桜×絶景 〜心に残る特別な春の景色〜

東日本の花見名所を訪ねて

日本全国、土地それぞれに花見名所があるが、今年はちょっと特別な桜を求めて、旅に出てみてはどうだろう。雄大なアルプスや歴史感じる古城で見る桜は、いつもとはひと味ちがう春の思い出になるはずだ。東日本の桜の見頃は西日本より少し遅く、4月上旬から下旬。西日本の桜を楽しんだ後に、東西の桜名所を見比べてみるのも楽しい。

アルプス×一本桜 〔山梨県韮崎市〕

わに塚のサクラ

わに塚の由緒には諸説あるが、一説にはこの地を治めた日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の王子・武田王(たけだのきみ)の墓として「王仁(わに)塚」と呼ばれるようになったという。塚の上に立つエドヒガンザクラは、推定樹齢330年、幹周り3.6m、樹高17mの名木で、満開の時期には両腕を広げたような威風堂々とした姿が美しい。「見頃の時期には夜間のライトアップを行っています。日中の迫力ある一本桜も見事ですが、夜桜の幻想的な姿もおすすめです」と韮崎市役所の東大祐さん。見頃は4月中旬。冠雪の八ヶ岳や茅ヶ岳を背景に、一本桜ならではの情緒的な景色を楽しむことができる。

朝焼けと一本桜。奥に八ヶ岳を望む

夜間ライトアップの様子

わに塚 桜の見頃:4月上旬
  • 山梨県韮崎市神山町北宮地624
  • 0551-22-1991(韮崎市観光協会)
  • 韮崎駅から市民バス「武田八幡入口」下車、徒歩約5分

古城×桜 〔長野県伊那市〕

高遠城址公園

長野県伊那市の高遠城址公園は「天下第一の桜」と称されるほどの桜の名所。江戸時代の高遠城では、馬場にいる馬の姿が散った桜の花に埋もれて隠れたという。現在の高遠城址公園の桜は、明治時代の廃城後に旧高遠藩の藩士たちがその「桜の馬場」から移植したのが始まりとされ、本丸にはこの時に植えられた樹齢130年以上の老木がいまなお残る。これに加え、毎年4月上旬〜中旬には約1500本ものタカトオコヒガンザクラが咲き、赤みを帯びた小さな花が荘厳な景色をつくり出す。さくら祭り期間中の夜間ライトアップもお見逃しなく。

高遠城址公園

春の桜雲橋

高遠城址公園 花の見頃:4月上旬〜中旬
  • 長野県伊那市高遠町東高遠
  • 0265-78-4111(伊那市観光協会)
  • さくら祭り期間中は8:00〜17:00(最盛期は6:00〜22:00)、その他期間は見学自由
  • 無休
  • さくら祭り期間のみ有料(500円)
  • 伊那市駅からJRバス「高遠駅」下車、徒歩約15分

春の花々×桜 〔福島県福島市〕

花見山公園

写真家の故・秋山庄太郎が「福島に桃源郷あり」と絶賛した花見山公園は、養蚕農家の阿部家が副業として畑に花を植え始めたことから始まった。昭和11年に阿部伊勢次郎が「前の雑木山を花の山にすれば美しい山になる。それは、農家でなければできない楽しみだ」と考え山に花を植えたところ、見物人が集まるようになり、ついに昭和34年「花見山公園」として開放するに至ったという。以来半世紀の間、年中花咲く桃源郷のような場所として、人々を魅了してきたのだ。春にはトウカイザクラやヒガンザクラのほか、山吹色の小花が可憐なレンギョウや、紅色や白色の丸みを帯びた花を咲かすボケなどが、まさに百花繚乱の絶景を見せてくれる。

見渡す限りの花々

花見山と吾妻小富士

花見山公園 花の見頃:4月上旬〜下旬
  • 福島県福島市渡利
  • 024-526-0871(花見山情報コールセンター ※3月〜4月下旬のみ)
  • 見学自由(個人宅のため日没〜早朝は不可)
  • 福島駅から福島交通バス「花見山入口」下車、徒歩約25分(桜開花期間中は福島駅から直行臨時バスを運行)

  • メルマガ紹介
  • おとなび簡単ガイド
  • おとなびダイニング