グローバルナビゲーションをとばして本文へ
ここからが本文です。

すでにJ-WEST IDをお持ちの50歳以上の方は「会員ログイン」してください。

特集

江戸時代中頃から明治30年代にかけて、大坂から蝦夷地(現在の大阪から北海道)へ日本海を経由して、商品を売買しながら航海した北前船。海上交通の大動脈として活躍した北前船の軌跡をたどる。

大阪と北海道を結んだ海の経済動脈

船絵馬「卯日丸・幸甚丸・幸得丸」

荒波を超えた男たちの夢が紡いだ異空間〜北前船寄港地・船主集落〜

北前船の大きな特徴は、積み荷を売買しながら航海したという点である。寄港地で安い商品を仕入れ、高く売れる品物があればそこで売る――そうして商売をしながら海を渡っていた。扱う商品は多岐にわたるが、例えば米。大阪は日本海沿岸や西日本の大名が納めた年貢米が集まる地であったことから、北前船の船乗りは大阪で米を仕入れ、各地で売りさばいた。瀬戸内の塩も需要が高かったほか、紙の原料や木綿、鉄などの金属、漆器やおもちゃなど、あらゆるものを運んだという。ものに限らず、食文化や民謡などのさまざまな文化そのものをも運び、日本文化の発展にも多いに貢献した。
 北前船は、約1年をかけ大阪〜北海道間を往復する。現在の暦で3月頃に大阪を出発し、4〜5月頃に北海道に到着。そして8月頃になると大阪を目指して再び出航するのが一般的であった。成功すれば1往復で千両(現代の価値に換算すると約6,000万〜1億円)もの利益を得ることができたという北前船。一獲千金を夢見て、多くの船乗りたちが海へと向かったという。
 まだ東京から青森を結ぶ東北本線が全通する以前、また荷物を大量かつ安全に輸送できる汽船が普及していなかった時代に、北前船は日本の重要な交易手段であり、それが「海の経済動脈」と称されるゆえんである。

船主たちの暮らしを町並みから辿る

北前船の船主集落のひとつ、石川県加賀市の橋立には、現在船主邸14棟、船頭邸7棟が現存する。瓦葺きの民家には船板を利用した壁板、北前船で運ばれた笏谷石(しゃくだにいし)や赤瓦が使用されており、遠くまで連なる赤瓦の屋根が、風情ある町並みを形成している。豪壮な佇まいの旧酒谷長兵衛家住宅(きゅうさかやちょうべえけじゅうたく)、庭園に北前船で運ばれた各地の名石が残る北前船主屋敷 蔵六園(ぞうろくえん)など、往来の面影が残る建築物は見応え十分だ。
 また、加賀市 北前船の里資料館もおすすめ。ここには船絵馬「卯日丸・幸甚丸・幸得丸」が常設展示されている。船絵馬とは、船乗りが航海の安全祈願や航海を無事終えたことに感謝を捧げるために地元の神社に奉納したもので、「卯日丸・幸甚丸・幸得丸」の場合は加賀市橋立出水(いずみ)神社に奉納されたと伝わる。
 そして同県小松市、安宅の関(あたかのせき)は、古くから日本海側の海上交通の要として栄えた地。北前船によって運ばれた商品は、梯川(かけはしがわ)や前川、串川を経由し、南加賀エリアまで広く流通した。江戸時代には米屋や畳表(たたみおもて)、煎茶など、明治時代にはそれらに加え、九谷焼や銅、瓦、羽二重(はぶたえ)、小麦などが安宅から各地へと移出された。船乗りたちはこの地を訪れると、難関突破のご利益で知られる安宅住吉神社にお詣りし、荒波などの危険を伴う航海の無事を祈ったという。

加賀橋立集落は、日本海からの海風を凌ぐ丘陵地の谷間にある

「加賀市 北前船の里資料館」では北前船に関する資料を多数公開

源義経、武蔵坊弁慶、関守・富樫(とがし)左衛門の銅像が立つ「安宅の関跡」

安宅住吉神社は782年(天応2)に創建されたと伝わる

  • メルマガ紹介
  • おとなび簡単ガイド
  • おとなびダイニング