グローバルナビゲーションをとばして本文へ
ここからが本文です。

奈良 高畑 【新薬師寺】本尊 薬師如来坐像・十二神将立像

ちょこっと関西歴史たびとは:“歴史を知ると、散策がさらに楽しくなる”をテーマに生まれた「ちょこっと関西歴史たび」。期間限定の特別公開や特別講座、ガイド付きウォークなど、魅力的な企画をご紹介します。

お知らせ

<不空院「阿字観体験」を実施しました!>

朝8時少し前の奈良の町は、まだ観光客もまばらです。
高畑では、辺り一面に蝉の声だけが響いていました。
7月28日(土)、私は早朝の不空院(ふくういん)で行われた「阿字観(あじかん)」に参加してきました。

  • 不空院ご住職 三谷様

    不空院ご住職 三谷様

  • 福参加者の皆様

    参加者の皆様

  • 阿字観体験の様子

    阿字観体験の様子

不空院のご住職、三谷信漣(みたに しんれん)さんが、「阿字観」について詳しく説明してくださいます。
参加者は、各々月を表現した紙の前で座禅を組み、仏様のポーズになって瞑想します。
呼吸を整えて、頭の中を真っ白にして、ゆっくり数を数えます…。
開始直後の私は、蝉の声が頭に残り、うまくいきません。
(煩悩の塊ですね、反省。)
ご住職からいただいたアドバイスにより、お臍あたりに力を込めて改めて深呼吸。
瞳を閉じて改めてゆっくり数を数えます…。
(少しはうまくいったかな?)
数回繰り返したころには、蝉の声も雑念も消え、無の境地に近づいたような気がします。
約1時間の体験は、あっという間に終了。
「いかがでしたか?」とのご住職の質問に、他の参加者からは「うまく出来た」と感想が上がっていました。

早朝に我が家を出て、奈良まで電車で移動、その後しっかり体験をしたので、すっかりお腹が空いていました。
別室に移り、お楽しみの茶粥をいただきます。
ご住職や他の参加者と和気藹々と会話を楽しみながらいただきました。
優しい茶粥が体に染み込みます。
奈良漬もとても美味しい。
「お腹のあたりが温かくなった」「結構難しかった」等とお互いに感想を語り合い、楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。

この日は28日でしたので、護摩焚きもありました。
私も護摩木を奉納しました。
パチパチと音を立てながら、大きな炎が上がります。
汗が噴き出る暑さの中で、しっかり手を合わせてお祈りしました。

気が付けばもうお昼。
とても神秘的で、厳かな時間を体験しました。
ご住職、不空院の皆様、ありがとうございました。
早朝の静寂が嘘のように観光客で賑わう奈良の町。
満ち足りた気分で奈良駅から「大和路快速」に乗り込み、帰路につきました。

不空院で行わる「阿字観」は、この後8/28(火)、9/21(金)、28(金)にも開催されます。
先着20名様(5日前までに予約必要)となりますのでお早めにご予約ください。
毎月28日は阿字観体験の後に、護摩焚きも行われます。
※詳しくはこちらをごらん下さい。

また不空院では、8/5(日)~14(火)の間、通常は非公開の「宇迦辨財天女(うがべんざいてんにょ)」(秘仏・室町時代)と本尊「不空羂索観音菩薩坐像(ふくうけんさくかんのんぼさつざぞう)」(重要文化財・鎌倉時代)が、夜間特別拝観に合わせて開帳されます。
神秘的な雰囲気の中、高畑の散策をお楽しみください。

過去のお知らせ

特別企画

入江泰𠮷記念 奈良市写真美術館 入江泰𠮷写真展「奈良を愛した文士と高畑界隈」

実施日:
6/30(土)~10/21(日)※月曜(休日の場合は翌平日)と8/27~31は休館

昭和20~30年代のモノクロスナップ写真や、新薬師寺を中心とする仏像写真、高畑界隈のカラー風景写真など、約50点を展示。「奈良大和路の写真家」と称された入江泰𠮷氏の、愛情あふれる作品世界をご堪能ください。

期間中の企画展 川島小鳥氏の写真展:6月30日(土)~8月26日(日)、永瀬正敏氏の写真展:9月1日(土)~10月21日(日)
  • 入江泰𠮷記念 奈良市写真美術館

  • 入江泰𠮷 「新薬師寺付近」

  • 入江泰𠮷氏

アクセス 大和路線 奈良駅から奈良交通市内循環バス(外回り/210円)約12分、「破石町(わりいしちょう)」~徒歩約10分
時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
料金 一般500円、大・高生200円、小・中学生100円 ※土曜は小・中・高生無料
お問い合わせ 0742-22-9811(入江泰𠮷記念奈良市写真美術館)
  • 要予約

講演会(社家町散策・藤間家見学付)
「高畑 社家町と藤間家住宅」

[定員:50名様]9/3までに要予約(先着順)

18世紀代に建造され、社家町・高畑の歴史を今に伝える「藤間家」。高畑に唯一残るこの貴重な住宅を通して、町の魅力を探ります。

実施日 9/9(日)
実施場所 入江泰𠮷記念奈良市写真美術館
時間 13:30~16:30
料金 1,000円
予約・お問い合わせ 0742-22-3900
(奈良市観光センター〈9:00~17:00〉)
  • 要予約

高畑ガイドウォーク
「 文士と巡る奈良・高畑界隈」

  • 高畑のまち並み

[定員:40名様]8/1~9/7までに要予約(定員になり次第締切)

高畑が舞台となった文学作品をとりあげ、奈良大学名誉教授 浅田隆氏の解説で巡ります。

実施日 9/15(土)
集合場所 ならまちセンター
時間 9:00~15:30頃
料金 1,500円
※保険料、資料代、ガイド料、名勝旧大乗院庭園・入江泰𠮷旧居・志賀直哉旧居入館料
予約・お問い合わせ 0742-22-3900
(奈良市観光センター〈9:00~17:00〉)

福智院 絵塔婆特別公開

実施日:
7/25(水)~9/30(日)

故人や先祖を供養するためにたてる「塔婆(とうば)」に、地蔵菩薩などの仏様が描かれた、珍しい絵塔婆。江戸時代に本堂を解体した際に発見されたもので、一部には慶長十八年(1613年)などの日付が記されています。

  • 絵塔婆

アクセス 大和路線 奈良駅から奈良交通天理駅行きまたは下山行きバス(210円)約8分「福智院町」~徒歩約3分
実施時間 9:00~16:30(受付は16:00まで)、8/24・9/24は14:00~
料金 中学生以上500円、小学生250円
お問い合わせ 0742-22-1358(福智院)

福智院 夕方のお勤め体験

実施日:
7/7(土)~9/29(土)の毎週土曜日※8/4・11を除く

[定員:先着30名様](予約不要)

檀信徒向けのお勤めを、一般拝観が終了した後の本堂にて体験。本尊の地蔵菩薩に見守られながら、厳かな時間を共有します。

  • 福智院 外観

アクセス 大和路線 奈良駅から奈良交通天理駅行きまたは下山行きバス(210円)約8分「福智院町」~徒歩約3分
実施時間 17:00~18:00(受付は16:30~)
料金 1,000円
お問い合わせ 0742-22-1358(福智院)

不空院 秘仏・宇迦辨財天女 本尊・不空羂索観音菩薩坐像特別公開

実施日:
8/5(日)~14(火)

通常は非公開の「宇迦辨財天女」(秘仏・室町時代)と本尊「不空羂索観音菩薩坐像」(重要文化財・鎌倉時代)が、夜間特別拝観に合わせて開帳されます。宇迦辨財天女は女性の救済と庇護に力を尽くすとされます。不空羂索観音菩薩坐像は一面三目八臂のお姿です。

  • 宇迦辨財天女

  • 不空羂索観音菩薩坐像

  • 不空院門前 燈花会

アクセス 大和路線 奈良駅から奈良交通市内循環バス(外回り/210円)約12分、「破石町(わりいしちょう)」~徒歩約10分
実施時間 18:00~21:00
料金 600円
お問い合わせ 0742-26-2910(不空院)

不空院 阿字観体験要予約

実施日:
7/21(土)、28(土)、8/28(火)、9/21(金)、28(金)

[定員:20名様]5日前までに要予約(先着順)

真言律宗の修行のひとつである座禅「阿字観」で瞑想し、茶粥をいただきます。28日は阿字観体験の後に、護摩焚きを行います。ご希望の方は、当日現地にてご案内します。

  • 阿字観体験

  • 不空院 昼の外観

アクセス 大和路線 奈良駅から奈良交通市内循環バス(外回り/210円)約12分、「破石町(わりいしちょう)」~徒歩約10分
実施時間 8:00~10:00頃(28日は、11:00頃終了予定)
料金 2,500円 ※添護摩木は1本300円
お問い合わせ 0742-22-3900(奈良市観光センター〈9:00~17:00〉)

新薬師寺 景清地蔵・おたま地蔵と本堂の解説要予約

実施日:
7/21、28、8/18、25、9/1、29(すべて土曜日)

[定員:20名様]5日前までに要予約(先着順)

元は町内の地蔵堂に安置されていた「景清地蔵」は、明治2年に、新薬師寺に移されました。
景清地蔵(地蔵菩薩立像)の解体修理時に内部から発見されたのが、おたま地蔵(地蔵菩薩立像裸形像)。
いずれも鎌倉時代に造られた仏像で、通常は非公開です。
平成になり、解体処理のため東京藝術大学へ預けた際、内部にもう一体の像があることが分かり、それを「景清地蔵」から独立させたのが「おたま地蔵」です。
通常非公開の「景清地蔵」「おたま地蔵」を拝観しながら住職の解説をお聞きいただくとともに、合わせて本堂の解説もお楽しみいただけます。

  • 景清地蔵(左)、おたま地蔵(右)

  • 【新薬師寺】ステンドグラス

アクセス 大和路線 奈良駅から奈良交通市内循環バス(外回り/210円)約12分、「破石町(わりいしちょう)」~徒歩約10分
実施時間 11:00~12:00頃
料金 1,000円
お問い合わせ 0742-22-3900(奈良市観光センター〈9:00~17:00〉)

新薬師寺 夜間特別拝観

実施日:
8/5(日)~14(火)

『なら燈花会』に合わせて夜間特別拝観を実施。ろうそくの灯りが、本堂の周囲を幻想的に照らします。※御朱印の対応は、書き置き分のみとなります。

  • 新薬師寺 本堂前

アクセス 大和路線 奈良駅から奈良交通市内循環バス(外回り/210円)約12分、「破石町(わりいしちょう)」~徒歩約10分
実施時間 18:00~21:00
料金 一般600円、中・高生350円、小学生150円
お問い合わせ 0742-22-3736(新薬師寺)

ちょこっと関西歴史たび期間限定!特別御朱印

実施日:
7/1(日)~9/30(日)

7月1日(日)~9月30日(日)のキャンペーン期間中、特別企画を開催する3つのお寺で、特別御朱印をご用意しております。
特別御朱印を「入江泰𠮷記念奈良市写真美術館」にご提示いただくと、入館料が2割引きになります!
この機会に奈良高畑を巡ってみてください。

  • 福智院

  • 不空院

  • 新薬師寺

料金 各寺の朱印料が必要
受付時間
  • ◎新薬師寺 9:00~16:00(別途、拝観料が必要)
    ※期間中に開催する夜間特別拝観では、御朱印の対応は書き置き分のみとなります。
  • ◎福智院 9:00~16:00(別途、拝観料が必要)
  • ◎不空院 夜間特別拝観期間以外は、事前に拝観と御朱印の予約が必要
    ※期間中に開催する夜間特別拝観時は御朱印を受け付けますが、別途拝観料が必要です。
電子パンフレット

アクセス

高畑までのアクセス※所要時間は目安です

最寄り駅の大和路線「奈良駅」までは

大阪駅から
約50分(大和路快速)
京都駅から
約45分(みやこ路快速)

次回のちょこっと関西歴史たび

次回の「ちょこっと関西歴史たび」秋(10月~12月)は「櫟野寺」をご紹介します。

ページの先頭に戻る